05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

タチバナさん

Author:タチバナさん
仮面ライダー剣(オンドゥル)の
動画を主に作っている
「タチバナさん」と申します。
正直、平成ライダーのマニアでないと
ついていけない、濃い目のブログと
思いますが、ニチアサを毎週楽しみに
してるような方におススメですので、
是非見ていってくださいね!
ニコニコ動画での作品
http://www.nicovideo.jp/
mylist/15107434
ツイッター
https://twitter.com/#!/
tatibanasan0M0

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

トラさんカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

|0M0)<「スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」の話 その⑤ ムッキー5!分天下(0H0) 6/30 ちょっと追記

2015.06.28 23:52|仮面ライダードライブ
今日(6/28)は、
剣崎一真こと椿隆之さんのお誕生日なのですが・・・

そんな日にふさわしい、
素晴らしいオンドゥルMADニコニコ動画にて発表されました。


「ケンジャキブレイドー フロートアニメイシヨン」

  \アイウェェェエエエエエエエエエイ!!/



ニコニコ動画で一番旬なアニメ、
「ニンジャスレイヤー フロムアニメイション」
のOP、そして・・・
 
・・・を再現したワザマエ!なMADですが、

今日の昼過ぎ頃、
エンターテイメントランキングで、
見事1位に登りつめました!!


 \ワッショイ!!/
ケンジャキブレイドー1位ワッショイ!!
   /グッド!なかなか面白いMADだ・・・\

(その前に1位を獲得したジョジョMADも、
 ファンを唸らせる味わい深い良作で、
 こういった原作愛に溢れたMADがワンツーフィニッシュになるのは、
 とても喜ばしい事と思います)


元ネタが今一番ブームの作品だったり、
なによりも、
その狂気にも思える凄まじいクオリティのたまものなのでしょうが、

オンドゥルの生みの親とも言える方が生まれた日に、
オンドゥルMADが最も支持を得た作品になったことは、

仮面ライダー剣という作品の人気・ポテンシャルを、
改めて示したのではないでしょうか!!



ギャレンもやっとガンバライジングに出てるしね!!
金がなくてまだやってないけど。

・・・
まぁとにかく、
めでたい!!!!

|0M0)<:V)H0)<おめでとうございます!!!
         ウェーーーーーーーーイ!!!>(0w0*)


ではせっかくなので、
いずれ発売されるブルーレイ・DVD版の
スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」
を楽しみにしている人達のために、
春映画のオンドゥルズの話を振り返ってみようと思います!


<春映画における、ギャレン(0M0)のたのしいヘタレポイント>

・いきなり出たと思ったらボコられてボドボド。
・「貴様はライダー失格だ(笑)」とか言われてボドボド。
・ただ階段を下りるだけのシーンすら妙に面白いwww
・ムッキーが超偉そうでダディの立場がボドボド。
・無論ケンジャキ・ムッコロの立場もボドボド。
・でも、脚本では「|0M0)<ブレイド!」だったのを、
 天野浩成さんからのアイデアで、
 原作通り「|0M0)<ケンジャキ!」
 になったらしい。
 そこは最強。
・だが、
 オンドゥルルラギッタンディスカーーーー!!?
 ・・・やっぱり。やっぱりな。
・戦闘になったと思ったら、
 いきなり接近して銃の先っちょで殴りかかる。
 (もっと後のシーンだったかも?)
・この映画のルール、
「悪に操られているライダーは弱い」
 ・・・にのっとって、
 完膚なきまでにボドボドに。
・その後色々あるがネタバレ防止。
 あ、
 レースには、
 出ない。
 |0M0)w0)<くそぅ・・・。
・侑斗に向かって、なんの複線もなしに、
 |*0M0)<俺は全てを失った・・・以下略。
 とかドヤ顔で語って、
 「ハァ?(゚Д゚)?」な表情される。
 でもファンは原作セリフに歓喜。
・ライダー総出の白兵戦で、
 カメラにすごい映るっていうか
 えらいこと目立つwwwwwww
 ブレイド知らない観客は、
「なんでヘタレがいきなり大活躍なん??(゚д゚;)」
 と腑に落ちない様子。
 でもファンは歓喜。
・それと同じくらい目立つレンゲル(0H0)
 いやホント。
 杖を振り回すのが超カッコイイ。
 さすが岡元次郎さん。
 RXといい、
 やはりウエストは豊満であった。
・この乱戦なら目立たずにやれる!
 とばかりに、ギャレンが
 中途半端にドロップキック!!!
 が、
 外れて転落!!
 超目立ってしまった。
 ていうか痛そう。
・歴史改変ビィーーム!で、
 あいつとかこいつとかがひっそり消されていく中、
 当たり前のように残る。
 |0M0)<矢張りそういう事か (とは言わなかったけど)
・最大の見せ場!!
 ケンジャキとのタッグ必殺技!
 ラウザーからカードを抜く動作もあり。
 ファンみんなが、
「おお!
 アレか!
 アレをやってくれたか!!」
 と大歓喜。
 なお、 ( 0w0)<ウェーイ は控えめでしたww
・ラストの感動のシーン。
 ライダーが横並びになってる際に、
 一番画面手前。
 しかも別れのシーンで皆がウルウルしてるのに、
(ほぇ?どしたの??(0M0 )?)
 てな感じで、
 一人だけ空気読めてない様子。
・しかも
 その時スーツの中に入っているのが
 天 野 浩 成 さ ん ご本人。
・みんなが消えるまでしぶとく映り続けた・・・・・。


あ、
ちなみに
ブルーレイ&DVDは、
8月5日発売です。

|0H0)<8!5!         ③⑦======

  デタラメヲイウナ。発売日は本当だが・・・(0M0 )


|0H0)それにしても、
   映画の中の短い時間であっても、
   見事なまでに橘さんになってましたね。

|0M0)ああ。
   とてもクールでカッコいい役を演じてしまった・・・。


|0w0)<V)Ho)・・・・・。

|0w0)カリスも、
   もともとの美しいフォルムとアクションが、
   大画面で映えてとってもカッコよかったな!

|<:V)ただ、
   俺たちが最初は悪の手下として登場したり、
  「剣ライダーの扱いが悪いのでは???」
   という意見もあったようだが・・・


|*0M0)オイオイオイオイwwwwww

何言っちゃってんだよwwwwww

最終決戦に、
正義のライダー4人として飛び込んでくるだけでも、

破格の扱い、僥倖ってやつでしょwww

・・・・
ていうかさ、

もうディケイドの大ショッカーの頃からさ、

たくさんのライダーが次から次へと出てくるのを見ながら、

ずっと思ってきたわけよ。

「ひょっとして画面の外から
 ブレイド、ギャレン、カリス、ついでにムッキー
 の4人が、
 ウェエエエエエェェイイと飛び込んできてくれないかな・・・」

ってさ。

祈るようにずっと見てきたわけよ。

何年も、
何年も、


やっとさ。

夢 が 叶 っ た ん だ よ !!!!


僕がどんなに喜んだかわかるか???

夢が叶ったんだよ。

みんなで叶えたんだよ!!!

長かった・・・・

でも本当に嬉しかった・・・

もうそれだけで大満足


|;;0w0)あーはいはい、
   落ち着いて落ち着いて。


|;;0M0)ていうか、
   俺も最初レースに出場しようと張り切ってたんだけどさ、
   思わぬ邪魔が入っちゃってさぁ・・・・

↓レースに出られると浮かれてたギャレンの歌。



※ ショッカーレース場の付近の街をウロウロする橘さん

|*0M0)いーまーすぐー
   とーにかくレースでっ
   走りたいなっ

どーこーかーでー
最新バイクをー
手に入れてーーー


俺のものだぁああああああああああああ(0M0 )))))))))))))))))

 チェイス→(´;ω;`)俺のバイク返せええええええええええええええ

剛→ ルi ゚∀゚)おいおいまた盗まれたのかwwww

バックにベルトとラウザー
つめこんでっ

ラウズカードと
とにかくパスタは
忘れずにっ

きっとたぶん今のうち
4人で出番をとりましょー

カ・ラ・ダ・ガ・・・・ボ・ド・ボ・ド!

ギャーレーンへーのー
ごほうびーーーー♪


|0w0)V:>)H0)<自分だけ顔出し出演かよ~~

       ハハハハハハ>(0M0*)


こーんなに
ブレイド商品
出せるのっもっ


ちーやーーほやーーーー
さーーーーれーーるのっもー~~~~~

きっとっ
 たぶん!
  いまのうち!

 強いのは!
ザヨゴオオオオオ!!


 イマノウチ!?
恐怖心!










ボ・ド・ボ・ド☆

思い出作り・・・・

 ・・・・・・・

  もう一回♪
\(^M^)/




ギャレン
「はははは、
 このライドチェイサーで優勝してやるぜぇ!!
 サーキットに乱入だぁ!!(0M0*)」

そのとき、
てつをなことがおこった!!


てつを
「待っていたぞショッカーライダーめ!!
 この世に光がある限り、
 俺は何度でも蘇る!!」
 

ギャレン
「????
 状況がよくわからん。
 ダリナンダアンタイッタイ(0M0lll)」

てつを
「俺は・・・太陽の子!!エステバン

ビシィ!!

※ 天に向かって腕を突き上げる

ギャレン
「あーーー・・・・・

 せっかくテンション上がってるのに
 悪いんだが、
 今日のお天気は曇りで太陽は出てないぞ・・・」

柴○監督
「仕方ねぇだろ!!!!!!
 スケジュールがどんだけキツキツだと思ってんだ!!(怒)」
助監督
「天気待ちなんてしてられねぇんだよ!!(´;ω;`)」
ラインプロデューサー
「ご本人に来ていただけるだけでありがたいと思えや!!」

ギャレン
「え~~~~俺だってその来てあげてるご本人の一人じゃねーかよ~~~」


てつを
「みんながスケジュールに追われてるのに、
 無神経なツッコミを・・・・・

 ハッ!
 貴様まさかクライシス!
 おのれゴルゴム!
 ゆ゙る゙ざん゙!!!!!!!
 ショッカーの野望は俺が止める!!!」

ギャレン
「どれか一つにしてくれぇええええええ!!(0Mollll)」



・・・ちょっと雑になったが、遅くなったのでまた追記修正します! 

スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダードライブ
ジャンル:テレビ・ラジオ

タグ:ニチアサ 仮面ライダードライブ スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号 オンドゥル 仮面ライダー剣 橘さん ニコニコ動画

せまる夏!劇場版ドライブ&ニンニンジャーの情報!!第一弾 「りんなの野望」 ※若干微修正しました

2015.06.21 03:36|仮面ライダードライブ
「僕の名はエイジ。
 ・・・未来は狙われている」



ジャジャジャンッ♪
 
「2035年、世界は滅亡する」
「仮面ライダードライブは、
 正義ではない・・・」
「泊進ノ介を全国指名手配者に指定する!」
真の悪は、
 クリム・スタインベルトなんだ」
「未来の平和がかかってるんだ・・・」
「助けてブレン先生ェ~!!」
「あんたのせいで最悪の未来がくる!!」
「餞別だァ・・・
 全 て を 焼 き 尽 く せ(゚∀゚)」
「うあああああああああああああ!!!」

ガシャァッ!!


ッジャジャジャン!!
ロンリーウェー♪


§ *゚ワ゚ノ 一つだけウソが混じってますわねハート様・・・

リ!  ̄ー ̄ノ ああ、あるな・・・・
 
( lll=□∀□) えっ!?どこどこ??

∫( ~"曲~) んなことより、私の出番はないのかねぇやっぱり



あまりにもあまりなベルトさんへのひどい扱いに、
立ち上がった者たちがいた・・・!!


【ベルトさんを救う会】

会長:クリム・スタインベルト
会員 1名

 
[設立記念パーティー会場]









          


          =(゚∀゚)=          ぽつん












@リ ;゚Д゚) 者たち? 「たち」?

ルi ;゚∀゚)ノ 参加してやれよネーチャン

@リ ;;゚∀゚) いえいえ~~~一番縁の深い、泊さんがお先に

( ;;´・_・`) まずお前が一足先につきあえよ





えー、本日は、
私などのために、
たくさんの方にお越しいただきまして・・・=(゚∀゚)=




   し~~~~~~ん・・・・・



恋人がサンタクロース♪でも来ないサンタクロース♪

※ 画像は一切の関係はありません。
        
では、
一曲歌わせていただきます=(゚∀゚)=

「未来をちょうだい(゚∀゚)」



別れる 前に

未来を ちょうだい(゚∀゚)

あなたの 生活(くらし)

響かない程度の 未来でいいわ



その未来で 車を作るのよ  (ライダーも)

あとは一人で なんとかするわ~~(゚∀゚)



我慢さえすれば 生きてゆけるわ

ひとりだって 生きてゆけるわ~~~~(;▽;)



別れる前に 未来をちょうだい

その方が あなただって

どんよりするでしょう~~~~♪(´Д`)



( #´・З・`) 餞別にシンゴウをくれてやらあ!!  ガシャン!!  ̄■∀゚)アヒャ

ルi lll゚∀゚)ノ 生活に響きまくりだもんねぇ

@リ ;;゚Д゚) それにしてもひどい 救いはないんですか!?

(´・ω・`) なんと言っていいやら・・・・

( ;;´・_・`) うん・・・俺もちょっとやりすぎたかなぁ・・とか・・・思ったり・・・・ごめんよベルトさん

いいんだしんのすけ、みんなで歌おう!!!(。・ ω<)ゞ☆


よーーーく考えよぉ~~~~♪
ベルトは大事だよぉ~~~~~~♪(゚∀゚)

@リ ゚Д゚)´・д・)ルi ゚∀゚)´・ω・) う~う う~う ううう~~~♪ 




遅くなったので、ニンニンジャーの話は後でね!
一旦保存!


凪「僕がバッチリ目立つから見ててね!!」
☆「いやむしろ、あっしに目立たせてくだせぇ・・・」

やくも「EASYっていうか意地になってるな」
霞ちゃん「うまいこと言ったつもりですか??」



∬ *‘∀‘)〟 りんなさん

[ 丶`ワ´] ゲンさん

( =´□・ё□) 究ちゃん

(ヽ≧∀≦) 本願寺さん

( ='▽A▽`) 仁良さん

だいたい揃ったかな??レギュラー以外はまたいずれ。

ニンニンジャーのAAも考えたいけど、
こういうのは作りすぎるとパターンがすぐ尽きるから、
様子を見ながらね。






走り出したァ!!
 ・・・・
 って言ったら注目を浴びるって
 どっかの刑事さんが言っていた!!」


☆ニンジャー
「それはイイことを聞きやんした・・・
 
 走りだしたァ!!」

やくも
「お前らそこまでして目立ちたいのか・・・
 イージーに注目されようなんて甘いんだよ・・・




 走り出したァ!!」




風花ちゃん
「男どもで醜い争いが・・・・
 お兄ちゃん止めなくていいの??」

たかはる
(寝そべって下からのぞき込みながら)
「これ、
 シノビマルが屁こいて走ってるように見えね???
 おならを・・・
 しぼり出したァ!!
 
 ギャハハハハハハwwwww」

風花ちゃん
「年頃の妹の前で
 
な に を ほ ざ き や が る」

どすぅ(踏む

たかはる
「おぶぅ!?」 

<ブフゥー!!

たかはる
「お前が踏むからほんとに屁が出ちゃったじゃないか~」


風花ちゃん
「・・・・・・・・・
 (無表情で)そう・・・・」

ドンッ

※ 壁に挟むように頭を踏む

たかはる
「ぶふぅ!!!!」


※ 鼻血が吹き出る


やくも
「やめろタカ兄wwww
 なんでも出しゃいいってもんじゃないwww」

「下品すぎるでやんすwwwwww」

「このブログはお下品禁止なんだよ?
 やめてよ!!」


ミニシノビマル
「・・・・・・・・・・・・」

※ 順調に走っていたのが、ピタっと止まる

ミニシノビマル
「・・・・・
 天晴さん・・・・おれ、
 一緒にされたくないんで・・・・」

ぺしっ


※ ミニアカニンジャーが座席から弾き出される



「降ろされたァ!」


風花ちゃん
「せっかくの特典なのにぃ・・・
 お兄ちゃんが余計なことするから!!」

たかはる
「なんだよぉ~~~!!
 小さくなっても扱いづらいやつだな!!!!」

ミニシノビマル
「うっせwwwww
 ヘコキマルに言われたくねーんだよ!!www」

やくも
「だから下品ネタはやめろwww
 ニンジャの品格が落ちるwwww」



霞ちゃん
「・・・・・・・・・」


※ 静かに近寄って、
  ミニモモニンジャーをミニシノビマルに乗せる

霞ちゃん
「・・・・よろしくて??」



ミニシノビマル
OK!!!!
 ひとっ走り付き合うぜェェエエエ!!」

ギュイイイイイイイイイイン!!

※ ミニアカのときより3倍くらい勢いよく走るミニシノビマル

※ カメラ目線になる霞ちゃん

霞ちゃん
「前売り券を買うと、
 走るシノビマルとミニモモニンジャーが
 もらえます!!」
 ビシィッ!

やくも
「ちょっと欲しい・・・(ボソッ」



「あ・・・
 あとから来て、
 美味しいところを持って行かれた・・・
 霞ちゃん、
 恐ろしい子!!!」


霞ちゃん
「いえ、別に(冷静にスルー」


☆ニンジャー
「くっ・・・・
 レギュラー陣がいちいち曲者でやんす・・・
 追加戦士のあっしは
 大変でござんすね・・・・」
やくも
「俺の苦労がわかったか・・・」


霞ちゃん
「あ、そうそう。
 ドライブのほうのCMで例のセリフを叫んだ、
 追田警部補さん、

 あのセリフだけが悪目立ちして肝心の商品が目立たないから、
 後の放送では

 そ の シ ー ン だ け カ ッ ト さ れ た

 らしいですよ??」


凪・☆・やくも
「何ィイイイイイイ!!???」



※ スーツを着た東○の役員らしき人が入ってくる。

○映の役員
「・・・あー、キンジ・タキガワくん、
 せっかく番組に馴染んできたところで
 申し訳ないのだが・・・・

 大人の事情でアメリカに帰ってもらうことになった」


「!!?」



たかはる
「あ、
 あれ???
 凪が・・・
 凪がいないぞ!!!!?」

風花ちゃん
「凪・・・・
 ナンデ!?
 ナギィ!!!!
 どこいっちゃったのよぉ!」


「タカちゃん!ふーちゃん!!
 何言ってるの!?
 
 僕ここにいるよぉおお!
 ほら!
 目の前に!!!!」

たかはる
「か、かろうじて声が聞こえる・・・。
 姿は見えないが・・・
 これが遁術ってやつか!

 ワザマエ!!」

風花ちゃん
「ニンジャとしてはむしろスゴイ!?
 タツジン!!」


「アイエエエエエエ!!!!??
 いやだあああああああああ」



やくも
「いきなり忍殺語使うなお前ら・・・」
霞ちゃん
「あら八雲くん、
 姿が半分透けているわよ??」

\ヤックモ~~~ン/

やくも
ひぃっ!?(ほぼ透明になって)

 ・・・・
 こ、これが・・・・
 ゲンさんの呪いってやつなのか!

 コワイ!!」


風花ちゃん
「もう警察のお世話にはなるまいと思ってたけど…
 もう一回、
 特状課を訪ねてみよっか、
 お兄ちゃん!!!」
たかはる
「おう!
 単細胞がトップギアだぜぇ!!」


一方その頃、特状課では・・・




霧子さん
「(前略)
 真夏の爆走ヒーローがもらえます!」
ヲタ究ちゃん
「トライドロンを引いて、
 ドライブを乗せると・・・」
りんなさん
「わあ~~~」


扉の隙間から見ているゲンさん
「おい待て!!!
 そこは俺のポジションだろ!!
 ナズェダァ!!
 ナズェ俺がハブられてるんディス!!?」

霧子さん
「いや・・・
 無駄に目立つから・・・」
ヲタ究ちゃん
「ねぇ・・・・」

ゲンさん
「あけろぉーーーーー!!!
 俺のセリフがああああああああ」


りんなさん
「・・・・・・・・・」


※ ムーンウォークのように、背を向けたままドアにススススススと近寄って、


りんなさん
「な
 に
 ぃ
 ぃ
 ∫
 ス
 ゴ
 イ
 て
 ぇ
 ∫
 く
 の
 ろ
 じ
 ぃ~~~~~~~~~~~~~~~」 
バタン!!

※ 後ろ足でドアを蹴って閉める。

ゲンさん
「んぎゃあああああ!!手はさんだぁ!!!」


しんのすけ
「かわいそうに・・・・( ;;´・_・`)」

ベルトさん
「まぁ今度の主役は私だから、
 なるべく目立たないでいてもらおうか(゚∀゚)」


りんなさん
「あ、話は変わるけど・・・」

http://tatibanasan0m0.blog.fc2.com/blog-entry-266.html

「↑これはどうなったの????」


|ll0M0)ああ・・・あれはね。

ゲンさんには実は小さい子供がいて、あのあと弁護士から別れた妻子の半径5km以内に近寄らないよう電話が入ってゲンさんが半狂乱になって「子供に・・・子供に会わせてくれええええええええええええええ」って涙ながらに叫んでこれはつっついてはいけない事をつっついてしまったって雰囲気になってりんなさんがススススススと離れていく・・・という話に持っていこうと思ったんだけどもう番組自体にそういうエピ入れる尺がなさそうだからもう独身のままでいいんじゃね?と思って


りんなさん
「あ、
 もういいです」


しんのすけ
「まぁそんなことより・・・」

( *´・ワ・`)<プレミア前売り券を買うと!!

  ,  ,
( =´□・ё□)<ああ!メガネの上に!!なんて精巧なフィギュアが!ほしすぎる~~

@リ *゚ワ゚)ヽ≧∀≦)*‘∀‘)〟 <か~~わいい~~~~


その時・・・

ひそかにメガネの下のフレームに、

キニンジャーのミニフィギュアがくっついていた。

しかし目立たなかった。


なんと!

くっついているだけでなく、

分身の術まで使って3つに増えていた。


しかしまったくテレビには映らなかった。



「こ、これがゲンさんの呪いなんだぁ~~~~~!!
 
 なんとか治してくれよぉ!!」

ゲンさん
「いえ、わわわわたくしニンジャの知り合いなんていませんが・・・
 どうやって直せばよいのやら」 


たかはる
「あれ??
 キンちゃんは来てないのか??」
霞ちゃん
「すでにアメリカ行きのサーファーマルに乗りました・・・」
やくも
「物理的に消えてしまった・・・・_| ̄|○」

※ 今回のニンニンはまだ見てないですが、早く戻ってきて欲しいですね☆さん。

<アイルビーバァァック!!


映画ゲストの恐竜殿様
「まぁまぁ、
 お前も一杯飲むか」 
トクトクトク

「うう・・・・はい・・・ありがとう」

風花ちゃん
「こらこらwww未成年が何やってるの」

霧子さん
「飲酒なんてしたら補導しちゃうぞ!!」

たかはる
「まったくしょうがないな凪は
(ぐびぐびぐび)
 げふぅ」

しんのすけ
「しょうがないのはテメェだwwww
 警察で飲酒すなwwwww
 ニンジャはいちいち面倒を持ってくんじゃねーよ」
たかはる
「成年が警察官の前で酒飲んだらいけないって
 法律があるのかぁ~~~~~???ゲフッ」


「そういやこいつハタチだっけ・・・・
 俺19だからなぁ・・・・
(あ、中の人は22なんだけどさ)」

霧子さん
「(中の人は関係ないでしょ)
 そろそろ、
 成人式のスーツとか買っておかないとね。
 でも成人しても飲酒喫煙はしすぎないほうがいいわよ」

メディック
「ふっふっふ・・・・」


チェイス
「うわ、なんか来たΣ(´・ω・`;;)」


ハート様
「いや、
 特に用事はないんだけどな。
 メディック(の中の人)が誕生日(6月21日)なんで、
 プレゼントでも買いに出てきたんだがな、
 ついでに寄ったんだわ」

メディック
「さすがハート様~~~§ *^ワ^ノ
 ・・・
 ふっ、
 うらやましい???」

霧子さん
「@リ ;゚ж゚)・・・ちょっとうらやましいかも・・・・」


ブレン先生
「キイイイイイイイイイイイィィ!!!
 ハートったら私の誕生日は忘れてたくせに!!!
 うらやましいぃいいいいぃぃ!!!
 ( ###=□皿□)ギリギリギリ」

チェイス
「やめなよ、ハンカチがちぎれるよ(´・ω・`;;;)」

しんのすけ
「んー、まぁ、
 敵とはいえ、誕生日はお祝いしようかぁ。
 おめでとさん」


「そうだね兄さん。
 おめでとう~~
 ルi ゚∀゚)ノ<※」

霧子さん
「おめでとうございます!
 ・・・・
 泊さん、
 
 私の誕生日覚えてますよね???」
しんのすけ
げふっ!?
 おおおおお覚えてるよ」 ※スマホで確認する。9月らしい。

風花ちゃん
「じゃあ霞ちゃん、私たちもお祝いしよ??」
霞ちゃん
「そうね~」

※ ニンニン女子が輪に入る。

ハート様
「うははwwww
 目の保養になるねぇ。
 これがニチアサ女子会ってやつ??
 ブレンも混ぜてくれよ!!」

ブレン先生
「( lll=□∀□)え??
 やっぱりオネェチームなので??」


メディック
「ホホホホホホ(嬉しそうに」


りんなさん
「・・・・・・・」



もう少しで終わるけど、
今日は一旦保存します。


さて・・・

時間の都合で少々ダイジェストでお送りいたします。


究ちゃん
「どうしたんですりんなさんそんな険しい顔をして・・・

 ( ;;=`□・ё□)<ハッ!!?
 
 りんなさんの肩に、
 謎の黒いバッタがあああああぁぁ!!」


そう!去年の
「劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!」
にて、
イヤな活躍をした黒いイナゴ「邪悪の種」である。

人間の怒り・憎しみ・妬み・嫉み・僻み・畳などの、
負の感情を増幅させ、
争いを起こさせる恐怖のイナゴなのだ!!


ショッカー大首領さま(巨大ロボット)
「ふふふふふ、
 実は去年のうちに
 コウガネに分けてもらっていたのだ!!」

アリマンモー
「そうだったんですか!?
 知らなかった!!」

大首領さま
「よく考えてみろ・・・・
 あの粗忽者一人であんな大規模な騒動起こせるわけないだろ・・・
 こちらが何かとバックアップするかわりに、
 いろいろゲットしたというわけだよ」

アリマンモー
「それはアリがたいですねぇ~~」

大首領さま
「・・・・
 どうでもいいけど、
 イナゴなのはサッカーつながりでイナGO・・・

アリマンモー
「アッ!
 計画通り沢神りんなが邪悪な考えに染まっていますよ!!」


りんなさん
「∬ #` ∀ )〟・・・
 
 なによ・・・
 ××歳ともなると、
 誕生日なんて心の底から喜べないってーの・・・」

究ちゃん
「ひぃっ!?
 りんなさんが~~・・・・

 あんまり普段と変わらない??」


りんなさん
「だいたい、霧子ちゃんって
 第一話の段階では無表情な
 ターミネーターみたいなキャラだったじゃん・・・
 
 そのまま黙々と戦闘能力を活かしてくれている間に、
 かよわい研究者の私が、
 男どもにチヤホヤされる予定だったのに・・・

 なに今の少女漫画のヒロインみたいな逆ハーレム状態は。。。。

 スマホの不倫ゲーかってーーーの!!
 あんなん堂々とCMすな!!!
 茶の間が気まずいわぁ~~!!」

究ちゃん
「それはごもっともですが、
 りんなさんも病院のベッドで追田さんと以下略」

りんなさん
「私がせっかく野生を取り戻してもらおうと霧子キックブーツを
 プレゼントしてあげたのに、
 あれから全然使わねーじゃん!!!
 だんだんムカついてきた!!」

メラメラメラメラ


ショッカー大首領さま
「フハハハハハ!!

 後方支援のりんながこちらにつけば、
 特状課は武装を使えずに弱体化するわ!

 こういう言葉もある・・・
 ショーにインしようとするなら、まずサイオーホース!!」

アリマンモー
「コトワザ!?
 カワイイ!!」


※ ウソくさいコトワザを披露するのは、
 「ニンジャスレイヤー」のネタです。
   

ショッカー大首領さま
「ショータイムを演出しようとするなら、
 偶然の巡り合わせを活かせ・・・

 そういうコトワザだな。
 禍福はEXILE縄の如し」

アリマンモー
「さぁ~~~すが大首領さま!!!
 教養あるぅ~~~~~~^^」



※ 正しくは、
 「将を射んとせば先ず馬を射よ」
 「人間万事塞翁が馬」
 「禍福は糾(あざな)える縄の如し」
  です。

が、甘かった!!!

りんなは後ろで覗いていた大首領さまとマンモーを振り返って
ニヤリと笑うと、
急遽背中に立体機動装置を装着し、
ワイヤーをとばして、
大首領さまの頭部に飛び移って来たのだ!!

キュイイイイイイイイイン!!

ガッ!!

大首領さま
「ヒイッ!?」


りヴァイんな兵長
「オウ・・・・
 動くな・・・・
 てめぇの脳味噌を・・・
 綺麗にそぎとれねぇだろうが・・・!!!」


※ ブレードを突きつける。

アリマンモー
「進撃のりんな!!!??」

大首領
「らめぇぇぇええええ!!?
 脳はらめぇえええ!!!」



りんなさん
「フハハハハハ、
 命がおしくば、
 私の陰謀に協力するのよ!!!!」


大首領さま
「ぬぬぬぬぬぅ・・・・
 利用するつもりで利用されるとは・・・

 アナを二つ掘ったら雪の女王が、
 とミヤモト・マサシも言って・・・・」

アリマンモー
「そんな昔にそんな映画ないでしょwwww」

※ 正しくは「人を呪わば穴二つ」です。
※ これもニンジャスレイヤーのネタです。
  ミヤモト・マサシはおそらく宮本武蔵をモデルにした人物ですが、
  話の中では平安時代の人物だそうで、
 「三人集まればブッダ」「泥棒がばれたら家に火をつけろ」
  など楽しいコトワザをたくさん作ったそうです。


りんなさん
「なにごちゃごちゃ言ってんのよ!!
 頭をスカッと切って、
 ブレンみたいな丼あたまにしてあげましょうかぁ~~~??
 
 斬っちゃうぞ☆テメー」

大首領さま
「OK!!
 脳は傷つけないでくれ!
 お互いプロだろ仕事でやってるだけだぜ」
アリマンモー
「甲殻機動隊でそんなセリフありましたね」


りんなは大首領さまとマンモーをみんなの所に連れて行き、
高らかに宣言するのだった!!


りんな(闇)
「フヘヘヘヘヘ、
 誕生日をお祝いしてるところに悪いけど、
 これからこいつの歴史改変装置を使って、
 私は若返らせてもらうわ!!
 13歳ほど・・・・」

霧子さん
「はぁ・・・・」

メディック
「まぁどうぞお好きに何歳でも」

風花ちゃん
「13歳若返ったら・・・・・30くらい???」


りんな(闇)
「な に を ほ ざ き や が る クソガキ!!

 ・・・・・
 ピチピチの17歳になるのよ!!!」

究ちゃん
「ちょっとサバ読んでないですか??」


大首領さま
「無理だ・・・・
 
 歴史改変は膨大なエネルギーを必要とするのだ。

 最近ワシはダイエット中で朝はコーンフレークしか」

りんなさん
「だーいじょーーーぶ!!

 ・・・・・
 私は若返るけど・・・・

 その代償エネルギーとして、

 ここにいる連中みんなもれなく

 13歳づつ老ける」


「そんな無茶な!!!!」
「冗談じゃない!!!!!」
「一人で老けて!!!!!??」



風花ちゃん
「ウェェエエエ!?
 わたし一気に30代!!??」


「ネーチャンも40代に・・・」

な り ま せ ん
 剛あとで覚えてなさいよ!!!」


りんなさん
「フヘヘッヘッホホホホホホ泣いても無駄よ!!
 あんたらを踏み台にして、
 私の輝かしい青春ふたたび!!!!」


だが、
ここで霞ちゃんが口を開いた。


霞ちゃん
「大首領・・・・・
 歴史改変を強行するか、
 それとも諦めて帰るかを賭けて、

 私とのレースの挑戦を受ける度量はありますかしら???」

やくも
「おお!!」

「お得意のニンポー口車か!!!」


大首領さま
「え~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 またレースぅ???

 どーーーせまた空とんだりするんだろズルいぞおまいら」


霞ちゃん
「いえいえ~~~、

 ここはフレッシュな若さがはじける、

 100m徒競走でいかがかしら」

りんなさん
「ままままままままま待ちなさいよ!!!!

 それあんたらが思いっきり有利じゃないのぉおおおお!!!」


大首領さま
「徒競走かぁ~~~~~~~~どうかな~~~~」


霞ちゃん
「ただし、

 参加者全員コスプレします」

女性陣一同
「はぁ!!?」



アリマンモー
「・・・・・
 えっちなこすぷれ?」
霞ちゃん
「イエス!」



大首領さま
「・・・・・・・・

 よし!!!!!(グッ」 ※ 親指を立てる。


次回、
「ファッとして徒競走!? 恐怖のニチアサ女子会!」
に続く!!!


|0M0)まだ構想を練るからまってね


霧子さん
「@リ ;゚Д゚)どんな格好をさせられるのやら・・・・」




<参考までに>


テーマ:仮面ライダードライブ
ジャンル:テレビ・ラジオ

タグ:ニチアサ 仮面ライダードライブ 手裏剣戦隊ニンニンジャー サプライズ・フューチャー 恐竜殿さまアッパレ忍法帖!

|0M0)<仮面ライダードライブの話 No.009 教えてブレン先生!ハートのエースは誰のもの?続き! (まだ続きます)

2015.06.14 18:49|仮面ライダードライブ
§ *゚ ワ゚ノ あらぁ??前回チェイス先生にタイトル変わったのでは・・・
( #=□∀□) あくまで私が主役なのですよ!黙ってなさい!
リ! ; ̄ー ̄ノ まぁまぁ、どうして仲良くできないんだ。
∫( ~"曲~) 私はドライブに敗れて屈辱ゥゥだが、まだブログでは登場するぞ。

@リ ゚ Д゚) 私の顔文字よりメディックのが可愛いのが納得できん!
( ;´・_・`) どうでもいいだろ霧子・・・
ルi ゚∀゚)ノ マッハァアアアア!! 

( ´・ワ・`)ちなみにベルトさんは語尾に顔文字がつく。 Exactly!ちとややこしいがね(゚∀゚)

( ;´・ω・`) さて、前置きを長くすると力尽きるからさっそく本題に入るぞ・・・。


<あらすじ>
ハート様は暇つぶしに、
PCに入ってたハーツというゲームをやってみた・・・
しかし、
ルールがよくわからずボロ負けしてしまったのだ。

ブレン先生に教えてもらおうとするが、
彼はマインスイーパしかやったことがない上、
情報源のロイミューパッドを剛に奪われたので役たたずだった!

役たたずだった!!
( #=□∀□)<二回言うな!!

ちなみに今週も役たたずだった!
飛び込んでくどんよりの中

( ;=□∀□) 飛び込んでく~どんよりの中~♪
      なにも迷わずに~~~・・・♪
リ! ; ̄ー ̄ノ もうちょい迷ってもよかったんじゃ・・・ 

§ *゚ ワ゚ノ 今週の最後でえらいことになったけど、ネタバレ防止でまだ書きませんわ。


ちょうどその時、
里帰りしてきたチェイスが、
「俺が教えてやる(`・ω・´)シャキーン」
と言ってきたのだった・・・。


( ;=□∀□) ええいルラギリ者め・・・
( #=□Д□) 貴様に教えてもらう義理はないぞぉ!


リ! * ̄ー ̄ノ いや、報酬を用意してある。ギブアンドテイクさ。


(´゚ ω ゚`)<パン美味しい!おいしい!サイコー!!
パンで餌付けされるチェイス

§ ;;゚ ワ゚ノ 餌付けされていますわね・・・
( ;;=□∀□) なにこのハムスター・・・


(´・ω・`) とにかく、だ。

おまえらは基本的な勘違いをしている。
ハーツというゲームは、
一見ハートのカードを集めたら勝ちのように思えるだろうが、
実際はまったく逆なんだ。


リ! ;; ̄ー ̄ノ え?マジ??


(´・ω・`) そう。

全員が持ってる手札をすべて出し終えたあと、
ハートのカードを取っていると、
一枚につき1点のマイナスがつくんだ。

ゲームを繰り返していき、
マイナス点が100に達したものが出たら、
その人がドンケツになって、ゲーム終了。


リ! lll ̄ー ̄ノ ハートがいらない子だなんて・・・ショック・・・
( ;=□∀□) そういうルールなら、仕方ないでしょうね。


(´・ω・`) 強いカードを出すと場のカードを全部とってしまう・・・

まずゲーム開始時に、
手持ちのカードを3枚、左隣の人に渡す。

※ 渡されたカードを見てから、人に渡すカードを選ぶのはダメ。
  全員がそれぞれに渡し終えるまで見ないこと。


だから、
なるべく強いハートのカードを隣に渡すのがセオリーなんだろうけど、
そこらへんは駆け引きかな。


§ *゚ ワ゚ノ じゃあ、ゲーム中に、
     さっさとハートを全部出したほうがいいわけ?


(´・ω・`) そうしたいところだが・・・

ちょっと実践しながらやってみるかな。

最初に出すカードは決まっている。
クラブの2だよ。
C2.jpg


これを持っている人が、最初にそれを場に出す。

(`0H0)<俺が最初だぁああああぁ!!


( =□∀□) 私の手元にありました。ではクラブの2! ■彡サッ


(´・ω・`) これでゲームスタート。

ここから左回りに、
同じクラブのカードを出す。
クラブのカードを一枚も持ってない!・・・
ということがない限り、

同じスートのカード以外は出せないぞ。

リ!  ̄ー ̄ノ じゃあクラブの5!           デタラメヲイウナ>(0M|

§ *゚ ワ゚ノ クラブの8ですわ。
( ´・ω・`) 最後に俺がクラブのJ。



この場合、
俺が一番強いJのカードを出したので、
その場のカードを全部とることになる。


←つよい(確信)          よわい(絶望)→
   A K Q J 10 9 8 7 6 5 4 3 2



※ とったカードはもう手札には入れない。
  それぞれが持っている手札を全部出し終えたあとに、
  とったカードを公開しあってその回の点数を決める。
  誰がどのカードを持ってるかを暗記することが、駆け引きとなる。


ハートのカードは一枚もないので、
とくにマイナスはないね。

そして、
カードを総取りした人が、
次のメインとなるカードを出すんだ。


その時も、
最初のカードにはハートを出せない。

例えば俺がダイヤの8を出したとする。 ■彡サッ

|0M0)<カテゴリー8か、面白い!!

( ;=□∀□) あんたは引っ込んでてください!
( =□∀□) うーん、ダイヤはエースしかもっていませんね。
     一番強いカードですが、仕方ないでしょう。ダイヤのエース! 

リ!  ̄ー ̄ノ 次は俺だな。ダイヤの3をどうぞ。
§ *゚ ワ゚ノ 私もダイヤのカードが・・・
     あらら、一枚も持ってませんわぁ。


(´・ω・`) そう、その時に、
    初めてハートのカードを場にだせる。

これが、ブレーク。
誰かがハートブレークしたら、
他の人も好きにハートを出せるようになるし、
その次の巡からは一枚目でもハートを出せるぞ。


§ *゚ ワ゚ノ ホホホホ、ではハートのQを出しますわ。


リ!  ̄ー ̄ノ 一回りしたが、スートがごちゃごちゃの場合は??


(´・ω・`) 最初に出したスートのカードのみで判定するぞ。
つまり・・・・ 

§ *゚ ワ゚ノ ウヒヒヒ、よかったわねブレン。
リ!  ̄ー ̄ノ ハートが一枚手に入ったな!

( ;;=□∀□) あ、私の出したダイヤのエースが一番強いから・・・
( ll=□ё□) 私がマイナス一点にいいいぃぃい!?ヒイイイィィ


( ´・ω・`) まさにハートブレイクってやつだね。


こうやって、
強いカードを管理しながら、
相手にマイナス点のカードを押し付ける。
それを繰り返していく。
けっこう意地悪なゲームだな!


§ *゚ ワ゚ノ オホホホホ
リ!  ̄ー ̄ノ へへへへ
( ´・ω・`) ・・・・・。


( ;;=□Ё□)  な、なんだ・・・私だけがダメみたいな雰囲気は・・・


(´・ω・`) おお、言い忘れていた。

マイナスになるのは基本的にハートなんだが、
一枚だけ例外がある。


リ!  ̄ー ̄ノ それは一体・・・・。


それが、スペードのクイーン。
SQ.jpg

通称、ブラック・レディだ。
フォオオオオオオオォウ
  /フォオオオオォォォォオオォオオウゥゥウ\


これを取ってしまったら、
一気にマイナス13点!!!

恐怖心! <うわあああぁあ


§ ;;゚ ё゚ノ こ、これだけは取りたくないですわ・・・
( =□ж□) 同意です。

リ!  ̄ー ̄ノ あ、そうそう。
リ!  ̄○ ̄ノ 前回俺が達成した「シュート・ザ・ムーン」てのは??

(´・ω・`) それを今から解説しよう・・・。


一旦保存!

※ ルールの補足。

 ・ジョーカーは使用しない。
 ・最初にクラブの2が出されて一巡するまでは、
  ブレークはできない。
  ただし所持カードがハートしかない、
  という特殊な状況のときのみ、ハートをだしてブレークできる。  



↓これが「シュート・ザ・ムーン」。やられた~!(0M0;;)
や、やられた・・・


おさらいするが、
配られた手札がそれぞれ一人に13枚。
1巡ごとに1枚ずつ出して、手札が全部なくなったら、
これまで取ったカードを公開して点数をつける。

ハート一枚につきマイナス1点。
スペードのQを取ってたらマイナス13点!
 \デデドン!(絶望)/

・・・ただし!
そのマイナスになるカード全14枚を、
一人が総取りしていた場合・・・


( ;´・ω・`) シュート・ザ・ムーンという役が成立し、
       他の3人に、
       それぞれ
マイナス26点!!

<うひいいいいいぃぃ!?
<そりゃきつい。
<キングボンビーかよ!


ちゃんとカードの行く先を覚えずに、
「相手にイヤなカードを押し付けてやったぞ!」
とか余裕こいていたら、一発逆転もありなのだ。


リ!  ̄ー ̄ノ なるほど…俺は最初ハートをたくさん集めたら強いと勘違いしてたから・・・
リ! ;; ̄ー ̄ノ たまたまその条件を満たしてしまってたんだな!!

§ ;;゚ ワ゚ノ 事情はわかったけど・・・なんでそんなカッコつけた名前なんですの??

( ;´・ω・`) さすがにそこまでは知らないぞ・・・。

( =□∀□) シュート・ザ・ムーン・・・


。o0( モワモワモワモワ )


※ ここからは、みんなの妄想 ↓

──────────────────────────────

のぶひこ(シャドームーン)
「おい、ビルゲイツ

 じゃなかった、
ビルゲニア」

剣聖ビルゲニア
「は、はい(ビクッ
 なんでございましょ(ビクビク」

のぶひこ
「お前・・・
 去年の春映画(平成vs昭和)に出てたよなぁ・・・・
 しかも割と目立つ位置で・・・・・」

ビルゲイア
「い、
 い、
 いやぁぁ~~~~~~
 ほんのチョイ役ですよぉ~~~~~~アハハハハハハh」

のぶひこ
「そぉーーーんなことないよぉ~~~~~wwww
 
 俺はでてなかったけどな」


ビルゲニツ
ヒィーーーーーーッ!!

 ・・・・
 そ、そういえば今年の春映画(仮面ライダー3号)では、
 てつをさんが出演されてたんですよね??
 じゃあ、
 一番のライバルであるのぶひこさんも当然・・・」

のぶひこ
「アハハハハ!!
 てつをノリノリだったなぁ~~~wwww
 動きが当時と同じくらいキレキレでやんのwwww
 さっすがぁwwwww
 


 俺

 は

 出

 て

 な

 か

 っ

 た

 け

 ど

 ね」



ビルゲイツ
「・・・・・・・・・・・・」

のぶひこ
「・・・・・・・・・・・・・・・」



のぶひこ
「焼きそばパン買ってこいや。
 2分以内にな」

ビルゲニア
「ハイッ」  ダッシュ!!


1分40秒後

のぶひこ
コラァ!!   ※ 踏む
 コロッケパン買ってこい言ったろーがぁ!!
 このシャバ憎が!!
 もっかいぶった斬んぞオラ!!」

ビルゲニア
「ヒイィイ!!?すいませんすいません」

てつを(仮面ライダーブラック・ブラックサン)
「やめなさい、のぶひこ」


※ 元々は、去年の平成vs昭和の頃にやろうとしてたネタです。


のぶひこ
「てぇぇつをぉおおおおおおおを!!
 さんをつけろよブラック野郎ォオオオオオ!!」


てつを
「落ち着けwwwwww」


妄想の途中ですが、

ドライブ・ニンニンジャーの劇場版の情報が入ったので、続きます!!

テーマ:仮面ライダードライブ
ジャンル:テレビ・ラジオ

タグ:ニチアサ 仮面ライダードライブ 仮面ライダー剣 オンドゥル 橘さん ハーツ トランプ

|0M0)<仮面ライダードライブの話 No.008 教えてブレン先生!ハートのエースは誰のもの? だいぶ書いた

2015.06.05 10:21|仮面ライダードライブ
前回の記事を放置しっぱなしでなんですが
ドライブもターニングポイントなんで…

泊進ノ介 殉職
なんじゃこりゃあああ


霧子さん
「待ってて泊さん!私が契約して魔法少じょ」
キュウベぇ
「年齢制限が」
キュウベぇ「納得してください」

↑とうとう来週のミラクル9に出るらしい。ラスボス的な?


次回からのドライブはしんのすけを救うために何度も同じ時間を

剛・侑斗・4号さん
「それはもうやった」


海堂さん
「よく死ぬ番組だねぇ・・・」


たっくんこと半田健人さん
「関係ないが、
 昨日オレ誕生日だったんだよな」

侑斗
「おめでとう!」

「おめでとう!31歳!おめでとう!!」
ショッカー大首領さま
「31歳!!!」


たっくん
「年齢を強調すな!!!!」



鴻上さん
「もちろんケーキ(巨大)作ってある」
最近「まれ」でパティシエになったFIRST本郷
「まあ誕生日ケーキなんてくだらないですが僕も手伝いました」
ドン!!

一同
「お誕生日おめでとう!!
 ハッピーバースディ!!!!」


わーわー パーン(クラッカー


しんのすけのゴースト(霊体)
「あのー・・・みんなー・・・
 俺死んでるんだけど・・・・」

草加雅人のゴースト
「未練がましいなぁ」
木場勇治のゴースト
「君もだよ」

死神くん
「さあさあそろそろ逝こうか」
リューク
「実は俺がノートに書いた」

しんのすけのゴースト
「まてぇ!!?
 もうちょっと待ってぇえええ!!
 せめて次のニチアサまでッッ!!!」



|0M0)まぁそんなことはともかく・・・


しんのすけのゴースト
「おい!?」



前章「フリーズさんのKUTSU☆JOKUロンリーメモリー大公開!」

∫( ~"曲"~) <YO!おまえら

最近暑くなったり寒くなったり気候がよくわからんと思っているだろう?

きのう、仁良のアホに、
『暑いからそーめん食うよ梅雨だけにつゆwww』
て言ったら・・・

仁良さん
「なんだか・・・・寒くなりましたね・・・」


って一生分の寂しさを背負ったような表情になりやがったから、
全力だして日本の気温を下げた。

お望み通りだぞ!!
ざまぁwwwwwwwwwwwwww


ふぅ・・・・


そうそう、
私の能力が効かない、
記憶改ざんができない、そういう人達を、
参議院議員&国家防衛局長官の権力と警察の力を使って割り出し、
拉致監禁して実験動物にしているのは前回わかったよな??

まぁねぇ。

記憶操作が取り柄の私が記憶操作できない相手なんて、
存在そのものが

「NDK(ねぇどんな気持ち)?NDK?NDK?」

って煽られてるようなもんじゃないか。
そら屈辱にまみれるってもんよ。

他のロイミュードたちが後先考えないアホばっかりな分、
私が集団改ざんしてなんとかしてきたんだよ。

そのいざ肝心なときに、
記憶が変えられないヤツが混じっていたら。。。。。


ああ想像しただけでストレス上がる!!

・・・・ふっ、
まぁ努力と苦心の結果、このへんに住んでるヤツらは残らず消した。

やれやれ一安心・・・・

と、

思ったら、

こ ん な と こ ろ に い た!!!!!
アルティメットオバチャン



スーパーのおばちゃん
「あんたも・・・強情だねぇ」
ムッキー
「素直に罪を認めろ!!!
 万引き犯めッッ(´H`)9 」
ビシィ


(またこのネタかとお思いでしょうが)


身に覚えがない。
自分で自分の記憶は消したことがない。
だが、
いつの間にか自分の尻ポケットに買った覚えのないオロナミンCが二本も入っていたのは事実のようだ。


(定期的に同じネタを使っちゃって
 ほ
 ん
 と
 う
 に申し訳ありませんが)


この必死に追いかけてきたおばちゃんとバイトのアホに飛びかかられて、

「まぁ・・・・
 目立たないところで記憶消せばいいか・・・
 ハハハハ」

とスーパーの事務所に連行されたところで実行した。

バイトのほうはあっさり改ざんされて、
「やっと俺のジャックフォームがフィギュアになったと思ったら橘さんのキングフォームが!悔しい!悔しい!(゚H゚)」

と意味不明なことをうわごとのように繰り返していたが、

「なんだか妙に耳の裏がチクチクするわねぇ・・・・

 そんなことよりなんで万引きなんかしたの!
 いい歳こいたオッサンが!!!」


このおばちゃんに 効 か な い。


「ほら、睦月も!
 この万引きオヤジになんか言ってやりなさい」
「・・・え?あ、
 こ、この人間のクズめ!!!!(´H`)9 」ビシィッ

ど、どうしよう。。。。
この前インフルエンザウィルスの検診を装ってこの辺の人らを集めたんだが・・・

こいつら行かなかったのか!!!
まったく、
病気が怖くないのか!!!?
けしからん!!!


どうしよう・・・・・


「あくまで罪を認めないというのなら・・・・

 突き出すしかないか。
 警察に」
「ヒヒヒヒヒ、
 これまでの人生が水の泡~~(゚H゚)9m」プギャー


・・・・・
か・・・・・

「勘弁してください・・・・_| ̄|○」
屈辱フリーズさん



というのが今日の朝。
今、夕方の6時半。
体を張った行動により無事ピンチを切り抜けた私は、
今こうして警視庁の会議にのんびり出ている。
もっと確実に近隣の人を集める手段を考えながら。
今度は参加者に粗品をだそう。
費用は仁良に出させよう。


それにしても。。。。

なにかしら他者に理不尽を突きつけられたとき、
こういう記憶操作はとても便利だ。

しかし、
理不尽を受けたモヤモヤは私の中に残る。
相手はスッキリしているのに。
文句を言うことすらできない。

決して解決できないままのモヤモヤが永遠に私の中に残るのだ。

記憶が変えられるという能力は、
本当に幸せなんだろうか・・・・・

本当の安心とは・・・・


ってジョジョのボスキャラじゃあるまいし、
なんでこう細々としたことに気を回さにゃならんのだ。。。。


と思っていたら、

例のクソメガネが、
とんでもない奇行に走った!!!


ブレン先生
「まだまだ会議が続きますが、
 私が出演するクイズ番組(ミラクル9が始まりますので、
 私は帰宅させていただきます!!!
 ( =□∀□)<ハハハハハハハハハハハ!!」


録画しとけよ!!!!

それだけならまだいいが(よくないが)
このハンカチ野郎、
会議のテーブルの上に飛び乗って、踊りだしたのだ!!!

「うわあ、なんだこいつ」
「会議中だぞ」
「しかも軽やかなステップで・・・」
「踊りだしたァ!!」
↑ゲンさん



うわああああああああああああ!!
こ、こいつこの前のことを根に持って・・・・

∫( ~"曲"~) <おいクソメガネ。記憶改ざんしてるの私だろが。なに自分が洗脳したみたいな顔してんのwwwwwwww


・・・・い、
いやちょっと言いすぎたかも知れないが、
こんな形で復讐するとは・・・・

どうせ私がこの場全員の記憶を消去するだろうと・・・・

けっこう疲れるんだよ?改変!!

ち、ちくしょぉーーーーー!!!

私の胸の内に湧き上がってくるこの感情・・・

それは屈 辱


「うわあ、飛び上がった」
「窓を突き破って帰るつもりか!!」
「帰りだしたァ!!」

こ、
こらぁーーー!!
会議中に、

帰るなッッッッ!!




※ 只今記憶改ざん中です。しばらくお待ちください。




「あ、あれ??」
「なんだか良く知ったメガネがここで踊っていたような・・・」
「思い出せない・・・・」
「忘れましたァ!!!」


この会議に、
メガネやらハンカチやらはいなかった。

いなかった。
いいね?


「「「はーい!!」」」
「わかりましたァ!!!!」


ん?
テーブルの上に、
見覚えのあるハンカチ・・・が・・・・


ヒューーーーンと飛んで戻ってくるブレン先生
「いやぁははは、
 忘れ物しちったwwwwww」



「あwwwwメガネwwww」
「こいつだったわwwww」
「思い出したァ!!!」


さっさと、
帰れ!!!!!!!!!!
激おこフリーズさん




走っしる町をみっおっろしてぇ~~~~♪
のんびり雲がおぉよぉいいでくぅう♪


チェイス
「あああああブレンが人様の車の上を踏み台にして!(´・ω・`;;)」
霧子さん
「確保しちゃうぞ!!」
しんのすけ(霊)
(関わりたくない)


だっから~~~おーーーうちへ帰ろう~~~~♪

バスニャン
「無賃乗車だニャン!!
 チョコボー払えニャーーン!!」
トカッチ
「タダ乗りは許しません!!!
 無礼なメガネめ!!」


今日は~~~~
おーーーうーーーーちーーーーーへーーーーーー



※ 和服に着替えて食卓に舞い落ちるブレン先生。

帰ろっおっっ♪


\ドスン!!/


ブレン先生
「あっ・・・・

 ミラクル9
 今日のは8時からだった・・・・・」



和服を着たメディック
「悔しいですか??」


先生
「全然。」




 


※ 自信たっぷりに「善」と解答して外れる松島庄汰さんの画像(見つからない)


和イスキー善。


今ならついてる。ブレンのハンカチ。




↑ここまで前フリ

↓こっから本編



「教えてブレン先生!!! 第一話」


ハイジ「あれ、ブレンさん?」
村人1「雰囲気変わってない??」
村人2「ちがう、大人ブレンさんよ」
ペーター「うぜぇ」
村人3「教えに来てくれるんだ」


ハイジ「ブレンさんいつもと違う!!」

ハート様
「ハイジ、今日は俺の番だ」


教えて~~~~♪

大人の家庭教師
ブレン。



ハート様
「それがね、
 暇なんでもらったノートパソコンに入ってた、
 ハーツ
 っていうゲームをやってるんだけど、
 ルールがわかんなくて・・・
 
 教えて???」


ブレン先生
「あ、
 私、
 マインスイーパしかやったことなくて」


メディック
「帰れ」



帰って~~~~~~♪



はい、一旦保存。
こっからはトランプの話になります。矢沢もでるよ


<一方その頃、特状課では>

霧子さん
「ハローCQ、CQ。
 泊さん、
 きこえますかーーーーー」

バナナで霊と交信する霧子さん


しんのすけゴースト
「こちら泊。
 よくきこえます。

 ・・・・・
 って、
 なんでバナナを使って交信してるんだ俺たち」
バナナで交信するしんのすけゴースト


霧子さん
「だーからー、
 バナナを使えば霊と交信できるって、
 この前説明したじゃないですか!!」

しんのすけゴースト
「それで俺の遺体のポケットにバナナを突っ込んでいたのか・・・
 
 ・・・・・・
 なんか腑に落ちない」

霧子さん
「事実こうして会話してるじゃないですか。

 受け入れて(キリッ」


チェイス
「さ・・・・
 さすがにこれは納得できない:(;゙゚'ω゚'):

 ニンゲン・・・・
 恐ろしい・・・・・・・・((((;゚ω゚))))」


霧子さん
「泊さん・・・・・
 なんとか蘇生しようと人工呼吸を繰り返しましたが・・・・」  しん「え゙マジ???」









霧子さん
「あ、ゲンさんがね」


しんのすけゴースト
ごふっ!?
 う、
 うええぇぇぇ
 このままあの世に行きたくなった・・・・」


霧子さん
「冗談ですよ」
  しん「。。。。(怒」


霧子さん
「大丈夫!
 あらゆる手を尽くして泊さんを蘇らせますから」
チェイス
「俺も霧子の笑顔を取り戻すためにお前を蘇らせる(`・ω・´)シャキーン」


しんのすけゴースト
「ふーん・・・・

 そんなこと言って、お前ら、
 なにペアルックとかしてんの???」
※ 内田さんのTwitter参照www


チェイス
「霧子に無理やり着せられた(´・ω・`)」


霧子さん
「違います!!(怒
 いつも着たきりスズメな服を洗濯させようと着替えさせたら、
 たまたまダブったんですよ!!!
 いやほんと」


しんのすけゴースト
「そっかー・・・

 俺が死んで大変なときに、
 二人で仲良くペアルック・・・・・

 うん、そうか・・・・
 うん・・・・」

剛(バナナ)
「もっと言ってやって兄さん」



霧子さん
「ごごご剛~~~!!
 あんたいつの間に・・・・」

チェイス
「とうとう3人で話はじめた・・・・
 
 疎外感(´・ω・`)ショボーン」


※ 怒りのあまりバナナをやけ食いする霧子さん

霧子さん
「キーーッ!!
 だから偶然って言ってるじゃないですか!
 なんですか二人して(モグモグ
 人がこんなに(モグモグ
 心配してわざわざ電話してやってんのに(ムシャムシャ
 服ごときでグダグダ言っちゃって(パクパク
 まったく面白くない(ペロペロ

 ゲフッ」
バナナで霊と交信したうえ怒る霧子さん


※ もう一本のバナナで交信を再開する霧子さん


霧子さん
「とにかく!!
 泊さんは私が蘇らせますから、
 勝手に霊界に行かないでくださいよ!!
 剛も手伝うのよ!
 いいわね!?」

剛(バナナ)
「・・・・
 へーい・・・」

しんのすけゴースト
「・・・・・ペアルック・・・・・・・」

チェイス
「ニンゲンこわいよぅ(´;ω;`)
 ちょっと気分直しに、
 ハートのところに里帰りしようっと」



<再びロイミューハウスでは>

ハート様
「このハーツっていうゲームをだね。
 今日初めてやってみたわけよ。
 ハートを集めるトランプゲームだって言うからさ。
 なんか俺のためにあるようなゲームじゃーん!!」

メディック
「・・・いやむしろわたしのために存在するような(ハァハァ」

ブレン先生(無知)
「で??」

ハート様
「俺もトランプの基本くらいはわかるよ。
 このゲームは4人でやるみたいだけど、
 場に一人一枚ずつカードを出し合って、
 一番強いカードを出した人が、
 その場のカードを総取りできるみたいなんだ」

メディック
「ほうほう」

ハート様
「よーし、
 俺がハートのカードを全部とったる!!!
 
 そう思って、
 とにかく強いカードを出しては、
 場に出ているハートのカードを根こそぎ取ったんだよ。
 そしたら・・・・」

”heartは、
 シュート・ザ・ムーンを
 達成しました!!”


「やったー!
 なんか凄い役ができたっぽいよ!?
 このままガンガンいくぜ!
 

 ・・・・・
 そう思って、
 その後もハートのカードをバリバリとっていったら・・・
 
 俺がぶっちぎりのドベ・・・・
 になっちゃって・・・・_| ̄|○」


メディック
「ええ?
 ハートを集めれば強いのではなくて???」

ブレン先生(シッタカブリ
「それは不可解ですね。
 ハートをたくさん集めたハート・・・・
 ややこしいですが、
 あなたが勝利のはずでは???」


チェイス
「いや・・・・
 お前たちは、根本的な勘違いをしている。
 俺が教えよう(`・ω・´)シャキーン」


メディック
「げ、
 帰ってきた」

ハート様
「おお!!
 チェイス、お前が頼りだ!」


「教えて!チェイス先生 第1話」


メディック
「あんらぁー、
 いきなりタイトル変わりましたわねぇ・・・」

ブレン もと 先生
「うぅぅ・・・・_| ̄|○」


はい、遅くなったので続きは明日!

テーマ:仮面ライダードライブ
ジャンル:テレビ・ラジオ

タグ:ニチアサ 仮面ライダードライブ まれ ミラクル9 仮面ライダー ハーツ