05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

タチバナさん

Author:タチバナさん
仮面ライダー剣(オンドゥル)の
動画を主に作っている
「タチバナさん」と申します。
正直、平成ライダーのマニアでないと
ついていけない、濃い目のブログと
思いますが、ニチアサを毎週楽しみに
してるような方におススメですので、
是非見ていってくださいね!
ニコニコ動画での作品
http://www.nicovideo.jp/
mylist/15107434
ツイッター
https://twitter.com/#!/
tatibanasan0M0

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

トラさんカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

(0w0)「七色のオンドゥル動画」の思い出話(0M0) その⑤ 「校長先生とぐるぐるムッキー」 前編

七色のオンドゥル動画」の思い出シリーズ
その① http://tatibanasan0m0.blog.fc2.com/blog-entry-248.html
その② http://tatibanasan0m0.blog.fc2.com/blog-entry-249.html
その③ http://tatibanasan0m0.blog.fc2.com/blog-entry-250.html
その④ http://tatibanasan0m0.blog.fc2.com/blog-entry-251.html


主催者さんの妹さん(チャットには参加されなかったが)が
手描きで参加することが決定し、
テンションがぐいーーーんと高まった一同。

この辺から、ハイレベルな動画が続々と投稿されていく。

じょじょ城之内くんDA!!
  / 俺たちのターン!! \

|0M0)女子○校生(○学生だったかもしれないが)が
   参加したからって現金だなお前ら!!!!!

|0w0)その前の新規メンバー加入のときも、
   女性の方がいらっしゃったわけで、
   けっこうそういうのが士気を高めたのディスかねぇ??

|0H0)カッコ悪いところは見せられないぜって感じかなwww


…まぁ実際はそんなことではなく、
明らかにやる気の高いメンバーが増え、
担当が確定していくことで、

「この合作、暗礁に乗り上げるのでは・・・」
「心をこめて動画を作って、中断凍結ではつらいな・・・」


というムードが払拭されたことで、
各パートの制作ペースが上がっていったのかもしれません。


「サンレッド」「ゲッダン」二つのパートの制作をすすめる、
僕のやる気も否が応にも高まります。


そしてこの頃!

なんと公式の平成ライダーから、
思いもよらぬアシストがあったのだった・・・!!


2011年11月27日。

大晦日と正月以外は休まない職場にいる僕は、
この頃日曜出勤が多く、
なかなかリアルタイムで、当時放送中の
仮面ライダーフォーゼが見られなかった。


その日はたまたま休みで第12話を見ることができ、
主人公如月弦太朗の相方、歌星賢吾くんが、

歴史に残るようなツン→デレを見せつけ、

「うおおおおおおおおお!!
 まさに青春!!これぞ友情!!!
 最初は軽いノリだなーとか思ってたが、
 フォーゼって実は名作になるんじゃない???」

と思ったその時・・・

「ん???
 どこかで見た人が・・・・」


<宇宙に夢を、星に願いを・・・・
伝説のヘタレ校長、初登場!


「た、た・・・・・・橘さん!!!!???」


い、いや待て落ち着け。
一瞬のことだし、他人の空似かもしれない・・・

そう思った僕は、
今ではすっかり見なくなってしまった
2ちゃんねるの「特撮!板」に急いで繋ぎます。

橘さんがフォーゼに出演するぞ!?」
「まさか橘さんが(恐怖心」
「ナズェデテルンディス!?」
「これは相当なネタを提供してくれるぞ!」

「とりあえず裏切ってヘタレるのは確定」


うわあ、間違いない!!?
しかも大変な話題になっているぞ!!


その時、僕の脳裏を走馬灯のように
もずく思い出が駆け巡って行った。



※ ここから、
  10年分の
  回想に
  
移ります・・・・・・・・・



2004年、
骨の髄まで文系人間の僕が、
ただひたすら成り行きとはいえ、医療系の学校に通うことになり、
当然のように周囲から浮いて辛い日々を過ごしていたとき、

たまたま同じ新入学生として隣に座っていた浦高くんに、

オンドゥル
 いや仮面ライダー剣が面白いですよ!!」


と勧められ、
平成ライダーをしっかり通して見るのは初めてだったが、
剣崎くんや橘さん、始たちの、
あまりにも困難な運命に立ち向かう熱い気持ちに
強く勇気づけられた僕は・・・


|;0H0)<いやちょっと待って誰か忘れていませんか!?

<お前、その時ひたすら中二病だったじゃん!!!

…とにかく!!
オンドゥルに熱い勇気をもらった僕は、
学校を辞めることなく4年間を乗り越えることができたのだ。
人生を救われたのだ!


ニコニコ動画に入り浸るようになったのは、
実習として長崎県で暮らしていたときだが、
(電王でデネブがスイカかぶってゆーとと色々やってた頃)
その後第二次オンドゥルブームの動画を見て、

「FLASH全盛期には、
 技術もソフトもないから指をくわえて見てるのみだったが、
 今なら十分に、
 動画を作る機材もソフトもあって、
 歌ってみた動画も既に投稿済みだしな」
「恩を返すのは今だ!」

と・・・・
気合入れて作り上げたのが、
2009年11月1日。

「仮面ライダーW」を放送してた頃ですね)


「橘朔也でIevan Polkka」


|*0M0)<よし!懐かしいネタを色々詰め込んだぞ!
    オンドゥル解説もコメントでつけたよ。

   (オンドゥルMADが好きな人たちには、
    意外と仮面ライダー剣の本編を見てない人が多かったし、
    放送当時のネタ解説は必要と思われました)

これは今でもお気に入りの作品ではあるが、
そんな僕を打ちのめした、
すごい作品が、
同年の12月20日にアップされる。

「UZODA ZONE」である。


左がオリジナル。右が2013年4月27日のリメイク版。
見比べて欲しい。

|ll0M0)<ウワアアアアアアアァァ!すごい技術だ!!


|;;0M0)<ていうか、この画面が3Dでグルグル回るのってどうやるのどうやったらいいの!?

オンドゥルMADでも、特に人気の高い音MAD形式。
そのリズム感とネタの融合は、

若いニコニコ動画ファンやオンドゥル好きの心を
がっちりと掴んでいた。

人気曲「RED ZONE」のリズムに合わせた
この動画のケンジャキの土下座ラッシュを、
その後「七色のニコニコ動画」Ver.の音源で、
よりシンプルに汎用性を高くしたのが、
後の「冷やし土下座」なのでしょう。おそらく。


土下座やムッコロスやボドボドなどのネタは
以前からメジャーでしたが、
オンドゥルMADに、
一段ウェイ上の映像技術を取り込んだ
という意味で、
この「UZODA ZONE」は強いインパクトがありました。

再生数も数時間くらいで一気に9000くらいまで伸び、
コメントも、

「すげえwwww」
「これは伸びるだろwwwwwww」
「伸びてくれwwwwww」

と非常に好意的で、
僕なんかも、


|lll0M0)<そうか・・・ネタだけじゃダメなんだ・・・
    より大きな人気を得るには、
    もっと高い技術が必要なんだ・・・・

|0H0)。o0(だんだん文章がひがみっぽくなってきたな・・・)


※ この辺は後につながる複線みたいなもんなんで覚えていてください。


簡易動画制作ソフトである、
ニコニコムービーメーカー(有料だけど)しか使えない僕は、

何をどうすればこんなことができるのか、
当時は検討もつかなかった。

割とマジで、
「こりゃ、とてもこの後のオンドゥルMADの潮流にはついていけない・・・」
と・・・
いたたまれない気分になった僕は・・・

半年以上
割とマジで
マジで
オンドゥル動画から
遠ざかったのでした・・・・















   (0M0)終わり(0H0)










|;;0w0)<ちょっと待ってくださいよ!!!


・・・・えーと、まぁ、
その後も「ブロントさん」

(元々はFF11のネットネタ発祥ですが、その頃は実質「東方Project」関連のコンテンツです)
(いわゆるブロント語を、
 朗読して入れることが人気に繋がりやすいジャンルなので、
 自分と相性がいいと思っていました)

…の動画を色々やってたんですけどね。

年があけて2010年に入ってからも、
「ココロオンドゥル」等の話題作もあり、
ブームも一層盛り上がる・・・・

かと思われたのですが、
やはりというか、
ほとんどの作品は「権利者削除」され、

「視聴できません」
という事態に・・・・・。


「いい作品を作っても、対策をしても、
 無慈悲に削除されるんじゃつらいなぁ・・・」

という空気になっていき、
ブームも沈静化していきます(一時的に)


2010年も半ばになり、
だんだんオンドゥルへの気持ちが復活してきた僕は、
以前から構想していた
「オンドゥルルラギリ・メイカー」
を静止画メインで制作。

これまでの経験から、


・静止画なら消されない。
・音声もだいたい大目に見てもらえる。



…という法則をつかんだので、
しばらくは静止画をメインに、
動画は色を変えるなどの工夫をして制作していきます。

そして2010年8月5日に投稿。
http://www.nicovideo.jp/watch/nm11635115
↑音量注意!

けっこう評判もよく、
4年半かけて8万再生を達成した、
僕の代表作の一つとなりました。

|*0M0)<10万再生行ってほしいなぁ。YouTubeのは達成したけど消えちゃった。
| 0H0)<どうでもいいです。

続けて、
数ヶ月前から音声を収録していた作品を二つ投稿。
これらも好評で、
妙に自信回復した僕は、

9月からスタートした
「仮面ライダーオーズ」
の大人気(オーメダルバブル)にあやかろうと、
二時間の突貫作業で、

「もしも仮面ライダーオーズが橘さんだったら」
http://www.nicovideo.jp/watch/nm12011832

を投稿。

「もずく!」「パスタ!」「辛味噌!!」

いい意味での雑さがウケたのか、
バブルに乗ってあっさり1万再生を突破!

|*0M0)<やったぁ!初めてヒットらしいヒット作出せたわぁ!!
|*0M0)<おお!?オーズのニコニコ大百科にも、
    関連動画で載っているぞ!!

その後も毎年恒例のシリーズになります。


|0M0)<来年もこのシリーズを作ることで、
    ギャレンこと橘さん本人が、
    また平成ライダーに出演できたらいいなぁ。。。


と、思ってました・・・。


そして、一ヶ月たった10月17日、
前回も解説したエポック・メイキングな動画、
「冷やし土下座」
が登場し、

「冷やしえもん」「冷やし修造」
などの派生作も続々作成され、結構なブームになります。


沈静化していたオンドゥルMADも、
この「冷やし土下座」を題材に、
主に「東方Project」シリーズの音楽を使って作成された
音MADが多数投稿。

ケンジャキ以外にも、
「冷やしダディ」「冷やしムッコロ」「冷やしニーサン」・・・・


|lll0H0)<冷やしすぎィ!!!


・・・まあ~確かに・・・
・・・この後の合作でも、
冷やし土下座の影響を受けた作品が多すぎるのが、
全体の作成の停滞に繋がったという面も、
なきにしもあらず・・・・・


|;^M^)<まぁそれくらいのブームだったと思ってください。


・・・もちろん気の利いた音MADなんて作れない僕は、
このブームを指をくわえて見て・・・


|<:V)<またかよ。指くわえすぎでしょ。


・・・・・・・・・見ているだけでは悔しいので、

11月~12月にかけて、
ニコニコ動画でも相当なブームになった、
「ふしぎなくすり」シリーズ。

|`0M0)<これは静止画メインでいける!

と目をつけました。

(ポケモンのピカチュウたちを題材にした、
 構成のパターンがはっきりわかりやすい、
 イラストが描ければ気軽に参加できる動画シリーズ。
 途方もない数の作品が未だに投稿されている。)

(ピカチュウバージョンは結構昔のもので、
 派生作であるこれ↓がきっかけで流行りました)



「ドレディア可愛すぎィ!!!・・・・
 
 乗るしかないな・・・
 このビッグウェ━━(0w0)━━イブに!!」


…一週間くらい、
相当に睡眠時間を削って作った、
「ふしぎなもずく つけられて ▼」


あまり人が多くないカテゴリを選択する、
という姑息な手に出た僕は

(実際はノリでなんとなくアレかなって決めたんだけど)

その日のうちにランキング4位を獲得!!


|*0M0)<よっしゃきたァーーーーーーーーーー!!
    ザヨゴオオオオォォォォオオオオオオ!!



|*0M0)<おお・・
    ありがたい事に広告をつけてくれた方がいるぞ!!

・・・・・・・・・・・・・・・・

|;0M0)<!!!?・・・ウェッ!?・・・
    この人は・・・!!


その方こそ、前述の、
「UZODA ZONE」の作者。

オンドゥル語普及委員会の代表で、
七色のオンドゥル動画」制作の、
主催者その人であった・・・・!!


|;;0M0)<こういうのが、運命ってヤツなのかなぁ・・・


そのことが、
どれだけ僕を勇気づけたか・・・

この時に僕の歩むべき道筋は、決まってしまったのかも知れない。。。



(ちなみに、この頃に、
 同じく僕が内心とても嫉妬尊敬してたある人が
 僕をお気に入り登録してくれていて、
 口には出さなかったが激しく勇気づけられ、
 それが今につながる縁になるのだけど、
 別の話になるのでここでは語りません・・・)



また年があけて、
2011年・・・・。

話がちょっと前後しますが、
「ふしぎなもずく」の頃から、

「ニコニコムービーメーカーじゃあ埒があかねぇよ!!」

と、これも以前解説したSONYVegas
下関のヤマダ電機まで行って購入してまして・・・

・・・・非常ォオオオオオオオオオ~~にお値段がはりましたけどね。
たしか3万近い・・・・・

・・・・
まぁ操作性がよく、
色んなファイルの融通が利き、
総合的に非常に使いやすいそのソフトのおかげで、

以前より格段に色んな事ができるようになった僕は、

「2ちゃんねるの掲示板のノリで、
 ライダーネタをやってみよう!!」
「文字を書くのがメインなら、あっという間にできるぞwww」

と、2日くらいで文章メインの動画を投稿。

それが「後藤さんシリーズ」



今の動画スタイルのルーツになり、
同時にこのブログ活動を始めるきっかけにもなります。


・・・・一方、その頃のMAD界隈では、
いわゆるBB素材を使って、
より視覚的に楽しい動画が主流になっていきます。


こういうのがBB(ブルーバック)素材
そしてその応用。


↑この動画の後ろの青色(ブルーバック)を、
 ソフトを使って消せば、
 動画の後半のように背景や他のキャラに溶け込んだ
 表現が可能となる!!!


|0M0)<大昔のゲームとかで言うところのスプライト機能に近いかな。
|0H0)<僕は若いのでその表現はわかりません。
|<V)<それか、アニメのセル画みたいなあれだな。


ただし、
作るのには大変な手間がかかるため、
一つ一つの素材はまさに財産と言っていい!!


それらを惜しげもなく使用し、その上、
多くの人が使用できるよう公開して下さったのが、
この動画を作られた方である。



(このブログでは某Gさんとして登場しています)

ニコニコ動画では、
元ネタのアニメ「ゆるゆり」が大人気だったこともあり、
なんと50万再生・・・!!

だが・・・悲しいことに・・・削除されて・・・

|#0M0)<これは消しちゃダメでしょう!
    若いファンがオンドゥルに親しむのに
    最適な入門動画だったのに!

・・・ふぅ・・・・

まぁともかく、
この動画に使用されたオンドゥルBB素材は、
有志によって共有され、
今に至るも現役バリバリで使用され続ける。
(僕もどんだけお世話になったかわからない・・・)

その影響を受けた動画の作者も、
七色オンドゥル合作にどんどん参加し主要メンバーとなります。


というわけで、
僕の見方が100%正しいと言うわけではもちろんないし、
他にも優れた動画はたくさんありましたが、、


「UZODA ZONE」でMADの技術が高められ、
    ↓
「冷やし土下座」でブームが牽引され、
    ↓
「ドゥるゆり」等の作品で、
 BB素材が一般的になり、
 さらにポップで親しみやすくなった。


という流れ。
僕の中ではね(0M0)v


・・・・で!!

人気作のオーズが終わり、
その次のフォーゼへと以降してすぐの頃、
相次ぐ辞退者で二次募集をかけた主催者さんのメッセージが
僕のもとへ届き、
僕も「七色のオンドゥル動画」に参加したわけです。


仮面ライダーフォーゼ」が開始したその日、
2011年9月4日。


「自分で自分の二匹目のドジョウを狙ったらぁあああ!!」


と、前日から素材を準備して、
放送終了後に主題歌のデータを入手し、
お昼すぎまでに突貫で仕上げたのが、
「もしも仮面ライダーフォーゼが橘さんだったら」



|*0M0)<わはは、こんな感じで本人でてくんねぇかな!!

・・・・・・
そして11月27日・・・・。


<宇宙に夢を、星に願いを・・・・


|ll0M0)<うわああああああああああ!!
    本当に、
    ・・・・・
    僕らの橘さんが・・・・
    本当に出やがったァアアアアアアアアアア!!?




 想
  、
   お
    わ
     







|0H0)<戻った!話が最初に戻った!!!

|<:V)<なっっっげぇ回想だったなぁ~~~wwwww

|0w0)<過去に行ったまま戻ってこないかと思いましたわwww

|#0M0)<うるざい!!




|;;0M0)<くっ・・・・・
    これはもう、
    後へは引けない・・・・


その後、
なんとか次の放送までに間に合わせようと、
また睡眠時間を削って、
フォーゼの動画を作成・・・・

そして!!
12月3日・・!



<3!年! B組ィイイイ!!


     \ 橘先生!! /


       / やはりそういうことか \


しかし、
合作メンバーのみんなは思ってただろう・・。


「そっちも大事だろうけど、
 とっとと合作のパート作らんかい・・・(゚д゚lll)」


・・・・・と。



後半へ~~続く!!


ドラマCD「仮面ライダー剣」ドラマCD「仮面ライダー剣」
(2015/01/23)
椿隆之、森本亮治 他

商品詳細を見る


しかし、はからずも、
濃厚なオンドゥル動画の歴史講座になっちゃったなぁ・・・。
次回こそ、ぐるぐるムッキー撮影秘話に移ります。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ニコニコ動画
ジャンル:コンピュータ

タグ:ニチアサ 仮面ライダー剣 オンドゥル ニコニコ動画 七色のオンドゥル動画 七色のニコニコ動画 仮面ライダーフォーゼ 橘さん

コメント

非公開コメント