07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

タチバナさん

Author:タチバナさん
仮面ライダー剣(オンドゥル)の
動画を主に作っている
「タチバナさん」と申します。
正直、平成ライダーのマニアでないと
ついていけない、濃い目のブログと
思いますが、ニチアサを毎週楽しみに
してるような方におススメですので、
是非見ていってくださいね!
ニコニコ動画での作品
http://www.nicovideo.jp/
mylist/15107434
ツイッター
https://twitter.com/#!/
tatibanasan0M0

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

トラさんカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|0M0)<ニチアサ・ウィザードリィ友の会② 最高に灰ってやつだの巻 12/8 完成

2015.11.29 01:11|ゲーム(RPG)
|0M0)<ネタへの理解を深めるためにまだ続けます。

今回、
戦隊・ライダーたちのキャラを作成して、
ウィザードリィ・リルガミンサーガ」
をプレイする上での、
方針をここに記しておきます。


① なるべくみんな平均的に成長するように。

特定のキャラへのひいきはあまりしないよう気をつけます。
もちろんネタとして楽しくなるなら、
例外もアリです。


② 死者は優先的に回収・蘇生。

全滅したパーティがあれば、
何をおいても救出に向かいます。
蘇生のための資金が足りなければ、
最優先で金策を行います。
この辺はネタ抜きでいきます。


③ 「増殖技」によるレベル上げは行わない。

いわゆる「仲間を呼ぶ」モンスターがいて、
それを利用して一度に大量にモンスターを倒し続けて
レベルをガンガン上げる、
というやり方があるんですな。

…別にインチキではないんですが、
以前、
ラスボスであるワードナを倒したあと、
その方法で100レベル以上のキャラを
作ったことがあるのですが、
それで緊張感がなくなってウィズから
遠ざかった…
という思い出があるので今後は封印します。

後述する「マーフィーズゴースト狩り」はアリで。


④ 例外を除いてリセットをしない。

ある日突然、
大事なキャラがさらっと消滅してしまうこのゲーム。

「不本意な状況になったら、
 セーブされる前にリセット」

という遊び方が
大昔から当たり前にあったりします。
しかもそれがウィズの定番の話題だったりww
でも、
一人一人のキャラを大事にするため、
常に緊張感をもってプレイする。
という今回のテーマを尊重するため、
どんな絶望的な状況に陥っても、
安易なリセットは行いません。


ただ一つ、
「いしのなかにいる」
状況を除いては・・・。



|0H0)<ん?「もずくのなかにいる?」
もずくはいい湯だなアハハン


|;0M0)<ちげーよ「いしのなか」だよ。


まずこれを見よ↓




|;0H0)<て、テレポーター??

そうそう、
「適当なところに全員を瞬間移動」
ていう罠があってさ。

飛ばされた先が壁だったりすると・・・

|0M0)<だれもでられない。


|0H0)<洒落にならねぇ。そんな死に方は嫌だ。


自分で移動魔法を使ってうっかり壁の中・・・

ていうパターンもあるが・・・


「アカニンジャーからスターニンジャーまで全員生き埋め」

なんて冗談でもあったらまずいでしょ??


|0H0)<○映のうめき声が聞こえる。

|;0M0)<こちらとしてもこの企画を続けようがない。
    仕方ないからリセットしてやり直しだ・・・。
    これが例外ね。


たかはる
「というわけで、
 このゲームは一歩先にどんなヤバいことがあるか
 わからないので、
 何をするでも慎重に行こうな。
 特にキンちゃん」

キンジ
「名指しでごぜーやすか・・・」



風花ちゃん
「いつまでも
 私の後ろに隠れられてもイヤだから、
 さっさとレベルアップして強くなってよね」

霞ちゃん
「大丈夫、
 もう何度も死んで学んだから・・・」


「うん!!
 霞ちゃんの回復呪文も
 さらに使用回数が増えたし!
 HPも満タンだしぃ!!」

八雲
「イージーとは言わないが、
 万全の準備だな」


たかはる
「さあ、
 最初の部屋のドアを開けるぜ。
 気をつけてな!!
『またか』
 なんて言わせないでくれよ~」

キンジ
「わかってますってば~。

 では慎重に、
 レッツ
 パーリナァァ~~~~~~イ・・・」
ガチャ
またか


一同「またか」


風花ちゃん
「え?
 なにがどうなったの?
 わたしらみんな無傷なんだけど」


「ほんの一瞬の出来事だったから・・・」

霞ちゃん
「ドアを開けたその時、
 キンジさんの頭に刀の先が
 サクッと」


たかはる
「反省会はあとだ!
 地上への出口はすぐそこだから、
 さっさと蘇生するぞ」
八雲
「ああ、
 いつものように笑顔で復活さ。
 イージーに
 な」



 なんということでしょう。
燃え尽きたぜ真っ白によ・・・


たかはる
「キンちゃああああああああああああああああんんん」
風花ちゃん
「燃えたぁああああああああああああああああああ」

「真っ白に燃え尽きたァアアアアアア」
霞ちゃん
「これが最高に灰ってやつですか」

カント寺院
「はい500ゴールドいただきます」

八雲
「あ、
 あのーーー

 灰からも・・・
 一応蘇生できるんですよね」
カント寺院
「1000ゴールドです」


たかはる
「え?」

カント寺院
「1000ゴールド で す 。」


たかはる
「全員かき集めて780ごーるどしか」
カント寺院
「ケチな背教者め!
 出て行け!!!!」




「さよなら・・・
 キンさん・・・・」
風花ちゃん
「いやいやwww
 残りをなんとか工面しようよ!!」

<一旦保存>


魔術師レベル3・エレナさん
魔術師レベル3エレナ


エレナ
「クラウド~~!!
 スターの人が灰になって、
 困ってるんだって~~???
 助けてあげてもいいけどぉ~、
 わたし色々ほしいものがあるんだ!」
八雲
「・・・
 プレゼントしてあげたいのは山々なんだが、
 こちらも
 金が足りないことが悩みなんだ。
 臨時のメンバーとして、
 御足労願えないだろうか・・・」

エレナ
「え~~~~~???」



※ 浮かんだ魔法のほうきの上に座って、
  思い切り八雲を見下すような目つきで見ながら
  ちらちらと裏腿を見せるように足を動かすエレナ。


エレナ  CV:釘宮理恵
「どっしよっかなぁ~~~~
 わたしィ~~~
 次のプ○○ュアの主役に抜擢されちゃって~~
 他にも色んなところから
 引っ張りだこだしぃ~~~~
 忙しいんだなぁ~~~~~」

風花ちゃん
「主役ってマジ?」

「マージマジマジーロ」
霞ちゃん
「デマだから信じないように」

八雲
「キンジが無事復活したら、
 なんでも好きなもの買ってあげる!!
 イギリス紳士として、
 必ず約束は守るから!!」

エレナ
「先渡しじゃないとやだなぁ~~~」


校長先生(0M0)
「男親って、
 こういうとき切ないよな・・・
 どうしていいかわからないもんなあ
 フフフフフ」
魔法学校の校長先生


八雲
「教育を放棄しないでくれお父さん!!!」

エレナ
「ヨシヒコくんともデートの約束があるし~~」


校長先生
「ヨシヒコくんって、
 |#0M0)<誰だーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!」
佃社長「ダリナンダイッタイ」


   こっちでは立花くん
/ 俺ももうすぐこの記事に新規キャラで出るから待っててな! \


ヨシヒコ
「僕が東京の勇者ヨシヒコです!
 聞いてください!!」


校長先生
「嘘つけテメェすずきやまとだろ!!」



ヨシヒコ2
「勇者ヨシヒコ?普通のガキでしょ。
 ぜんぜんだめじゃないか。
 僕が真の勇者ヨシヒコで
 とってもジュ~~~シィ~~~~~~~!!」
ヨシヒコ3
「Hey Yo!!
 僕が真のヨシヒコで、
 エレナちゃんの彼氏だYo!!」

エレナ
「困っちゃうな~~~~
 モテすぎちゃってぇえ~~~」



たかはる
「つまり・・・
 どういうことだってばよ!?」

風花ちゃん
「お兄ちゃん知らないの??
 東方からきたマスターサムライ、
 通称・勇者ヨシヒコ・・・

 未だ他には誰も近づけない地下9階を探索し続けているとか。
 名刀・ムラサマブレードとともに・・・」


「だから、
 今このリルガミンの街の子供たちの間では、
 勇者ヨシヒコごっこが大はやりらしいんだよ」
たかはる
「え~~~??
 ニンジャごっこしろよぉ~~~(´д`)」


霞ちゃん
「なんかこう露骨な伏線はってきますねぇ(ヒソヒソ」
八雲
「これで村正(レアで最強の刀)とれなかったら伏線投げっぱなしで終わっってしまうな(ヒソヒソ」


ヨシヒコ1
「僕が本当の勇者でエレナちゃんの彼氏です!
 聞いてください!!」
ヨシヒコ2
「ふざけんな俺だ」
ヨシヒコ3
「僕だって言ってるんだYo!!」


校長先生
「お前ら親の前でいい度胸だなぁ~~!!
 その勇気にこたえて
 ティルトウェイト(最強魔法)でブットヴァスゾ!!」

陣さん・・・いや翼先生
「やめてください校長、
 大人げない」

校長先生
「翼先生!!
 アンタがいらんこと教えるからじゃ!!」

翼先生
「おおおおお俺は勇気が大事って教えただけですしおすし。
 勇者になれとはいってねーし」


風花ちゃん
「だめだこりゃ。
 トラブルを解決するんじゃなくて
 量産するような人脈しかないのかなウチらは」

霞ちゃん
「そうです八雲くん。
 こんな年端もいかないお子様を
 危険な地下へ連れてったら親御さんが心配しますよ。
 今いる5人で行きましょう」

エレナ
「ん~~~???」

※ 八雲の手をとって

エレナ
「ねーえクラウド~~~。
 こんな年増の人より
 若くて可愛い子と楽しく
 ハック&スラッシュ堪能したいわよね??」

霞ちゃん
「・・・・・・・・・・・・・・。」


風花ちゃん
「霞ちゃん!
 眼が!!
 眼が怖い!!!
 カイガーーン!!!しすぎ!!」


校長先生
「おのれこの青二才!!
 アオニンジャーだけに青二才!!
 俺様の魔法をくらえ!

 エャチッナニ・ルーエカ!」
翼先生
「その呪文どう読みゃあいいんスかwww↑」


八雲
「え???

 うわああああぁぁああぁぁぁぁああぁ!!


 ・・・・

 ゲロゲロ
 ゲロゲロ」

たかはる
「うおーー!!!
 やくもが
 カエルになっちゃったぞーーーー!?」

霞ちゃん
「・・・・・・かわいい(ボソッ」

風花ちゃん
「これも魔法の力なんだ!?」


ヨシヒコたち
「やべぇ!校長先生の必殺おしおきだ!」
「俺たちもカエルにされちゃうぞ!?」
「にげろーーーーーー」

※ ぴゅーーーーーーーー、と逃げるガキども。



「このまま地球征服するカエルになっちゃいなよ」
たかはる
「おかしいですよやくもさんwww」

※ Vガンダムとケロロ軍曹のネタ


校長先生
「あーーーはははっはははは!!
 ブサマよのぉ~~~~
 魔法でカエルにされちゃうようなヘタレが、
 戦隊ヒーローを名乗るなんざ、
 マジ笑えるwwwwってーのwwww」

翼先生
「ヒカル先生の悪口はやめてさしあげろwww」


※ あれは呪いでカエルになったんだっけ?
  昔のことなんで記憶が・・・



校長先生
「…
 どーでもいー話だけどさ。
 僕がマジレン見てた当時、
 マジブルーのうららさんを16歳くらいと
 なぜか勘違いしててさ、
 ヒカル先生のこと

『なにこんな若い子と結婚してんのww
 このロリコン教師www
 マジサイテー』

 
 とか笑っちゃったりしててマジごめんなさい_| ̄|○」

翼先生
「いまさら謝っても遅いっつーのwww
 ていうか、
 それだとうら姉が俺より年下になるじゃんww
 当時もうハタチだっつーの。
 中の人は18歳だったけど・・・」

校長先生
「ヒカル先生の中の人は、
 教員免許もってるんだっけ??」


「そ〜なんだよーーーー!!」


たかはる
「あwwwマッハきたwww」


「実は俺が高校のときに、
 ヒカル先生が教師で、
 しかも俺がいたハンドボール部の顧問だったんだよな!」

※ 実話。

たかはる
「・・・
 で、
 ライダーになるまで先生がマジシャインだったって事を
 忘れてたんだろ、
 バッカだな~~wwww」


「・・・そうです・・・・バカです・・・
 馬鹿にバカって言われた・・・・
 ていうかさ、
 進兄さんのキャラは
 すでにゲームで作成済みなのに、
 俺やねーちゃんやチェイスは
 今のところ様子見なんだってさ・・・
 薄情だよね・・・」

|;0M0)<20人までという制限があるっぽいし、
    キャラ増やしすぎても収集がつかん。
    もうちょい待ってくれ魔術師で作るから。


風花ちゃん
「そんなことより!!
 キンジさんが灰に、
 やっくんがカエルになっちゃって、
 もうどうしたらいいのよ~~」

霞ちゃん
「仕方ありませんね。
 このヤクモカエルは私が責任もって飼育を・・・」

エレナ
「何言ってんの!ふざけないで!!
 カエルの呪いは、
 こうやってとくのよ・・・」 ちゅっ

風花ちゃん
「あ」
霞ちゃん
「あ」

「ああ~~~」


八雲
「ゲロゲロ
 ゲロゲ・・・


 うぉぉぉおおおぉぉおお!!       (元に戻る)

 お、
 俺は今まで何をしていたんだ!?」

霞ちゃん
「ゲロゲロ言ってました」

風花ちゃん
「すごい効果ね・・・」

エレナ
「にひひっ、
 呪いを解くのは乙女の役目だもんね。
 オ
 バ
 サ
 ン
 
には無理よねぇ~~~www」


霞ちゃん
「・・・・・・・・・・・・・。」




「ん???
 そ~~~~っと・・・・
(霞ちゃんの顔を覗き込む)

 ひいいいいぃぃいぃぃぃいぃぃぃいぃいぃぃ!!?」

※ 恐怖のあまりヘナヘナと座り込む。

風花ちゃん
「いやああぁぁあぁあ!!
 怖い!!
 霞ちゃん顔超こわい!!
 やめて!
 ゆるして!
 どうにかしてお兄ちゃん!!!」
たかはる
「むりだwwwwwwwww」


校長先生
「ぬぁあああああぁあ!!
 まったく厄介な娘だ!!
 わかったよ!
 俺も協力するから、
 とっととダンジョンにもぐって金をためよう!」

たかはる
「よっしゃああ!!
 キンちゃんが無事復活したら、
 お礼に俺の
 アニキサラダをご馳走するぜ~~~!!」
風花ちゃん
「うわ、
 まずそう・・・」



            ENTERING
  PROVING GROUNDS OF THE MAD OVERLOAD!


            (これから迷宮に入ります・・・)



先頭で大暴れ  校長先生(#0M0)  魔術師 LV398


① 天晴   戦士 LV3
② 風花   戦士 LV3
③ 霞    僧侶 LV3
④ 凪    盗賊 LV2
⑤ 八雲  魔術師 LV3
⑥ エレナ 魔術師 LV3


後ろで見張り  翼先生 魔術師 LV29
   「29って俺の歳かよww」



霞ちゃん
「どっせぇーーーーーーーーい!!」


ドゴォオォン

「アンデッドコボルドはしんだ」


たかはる
「つええwww」

「こええwwww」
風花ちゃん
「撲殺僧侶カスミちゃん!?」


霞ちゃん
「リ~リカル・フレイ~ル♪
 キルゼムオ~~~ル・・・♪(ビキビキ」

翼先生
「怒りのパワーか・・・
 なんと恐ろしい・・・」

フレイル(こんな武器)↓
リリカルフレイルキルゼムオール


解説しよう!
こういうファンタジーのお約束では、
僧侶は人を斬るような刃物は
戒律のために使用できないので、
こーーゆーーー振り回して殴りつける武器がメインなのだ!!

霞ちゃん
「神の慈悲にあふれるフレイルですねぇ・・・」

「神様HELPwwww」



<こっから再開>



風花ちゃん
「霞ちゃん!!
 もし僧侶がいなくなったら、
 今度こそ私たち再起不能だよ!
 無理はしないで!!」

八雲
「そうだが、
 校長先生が全力で守ってくれているから、
 今回は多少無理をしても・・・」
エレナ
「・・・・・・・・・・・。」


|`0M0)<マダルト!!

|`0M0)<ラカニト!!!

|#`0M0)<ティルトウェェーーーイトォォ!!


ドゴオォォォオオオォォオン!!


\ギャアアアアアアアアアアアアアアア/


翼先生
「いちいち解説しないが、
 地下一階の敵にぶちこむような呪文じゃねーww」


たかはる
「さすが魔法学校の校長先生!!
 イケイケドンドンだな。
 ゲキアツだよぉ~~~~~んwwww」

エレナ
「いやいや・・・・

 あ、
 ほらきたー」
一同
「????」


|0M0)・・・・。


|lll0M0)・・・・・・・。


校長先生
「ウワアアアアアアアアアアアアアアアン!!

 くらいよー!!
 
 せまいよーー!!!


 こわいよーーーーーー!!!!」
うわあああぁぁ



「なんじゃこりゃぁーーー!?」

八雲
「だからどういうことなんだってば」

エレナ
「実は!
 お父さんは!!
 幼少の頃から重度の
 閉所恐怖症、暗所恐怖症なの!!!
 ・・・
 だから、
 洞窟内研究が主流である
 魔法大学の教授にはなれなくて、
 一段落ちる魔法学校の校長に・・・・・・・」

風花ちゃん
「ダメじゃーん(((( ;゚д゚))))」

エレナ
「しまったぁ~~、
 治療薬のモズクを忘れた~~~」


翼先生
「このままだと、
 混乱してどっか適当なところに
 マロール(移動呪文)して
 石の中なんてことに・・・」



「ジョウダンジャナイ!!!」



たかはる
「校長先生~~~!!!
 暗くて狭いくらいで落ち込んでちゃだめだーーー!!

 景気づけに
 ゲキアツな歌を歌おうぜぇ~~~~!!」





霞ちゃん
「これ歌ってるのてつをさん??↑」

翼先生
「いや・・・

 うちの末っ子///」



たかはる
「ふぁいやーーwwwwwwwww
 ふぁーいやーーーーーーーwwwwwwwww」


校長先生           翼先生          ニンニンども
「サイコソルジャァ~~~~♪」「それ違うっていうか古い」「なにそれ」


校長先生
「つーーらーーいーーー
 マジつらいーーーーーーーーーーー」
たかはる
「さーむーいーーーー
 マジさむいーーーーーーーーーーーーーー」
風花ちゃん
「あれ??
 お兄ちゃんなんで裸なの??」
馬鹿は風邪をひかない

八雲
「一緒に歩いていて今気づいたのか」
エレナ
「マジ最低わたしの視界に入らないで」


霞ちゃん
「キンジさんのために
 全員の服や鎧を売ろうとしてたので、
 たかはる君のだけ
 没収したんです」

「ナイス」
風花ちゃん
「止めなきゃ
 今頃みんな裸か・・・」
八雲
「一応タカ兄の健康を心配するべきでは」
霞ちゃん
「馬鹿は風邪をひきませんから」

・・・・・・

エレナ
「あ、
 あれ?誰も否定しないの??」


校長先生
「こーわーーいーーー」

「くーーらーーいーーー
 マジくらいーーーーーーーーーーーー」
八雲
「マジきついーーーーーーーーー」
風花ちゃん
「おいこらww」

校長先生
「(これまでの人生の数々の失敗が)
 尾を引いて~~~~~~~~~~~~・・・」
翼先生
「思い出しちゃダメだ!!
 忘れるんだ!!」

校長先生
「|lll;0M0)<ワワワァァ!!!ワワワァァ!!!

 ・・・・・

 マロ・・・・」

風花ちゃん
「マロール!?」
翼先生
「下手にマロールで上空に飛ばされたら、
 全員転落死するぞ!!!(マジ話)」

「や、
 やめてとめてやめてとめて」
八雲
「ダメだああああああああああああ」


校長せんせい
「まろ・・・





 マロンブリュッセが食いたい」


ズコーーーーーーーーーーーーーーー(全員倒れる)


風花ちゃん「マロンブリュッセってなに?グラッセじゃなくて?」

霞ちゃん「そんな菓子パンがあったような」

エレナ
「はいはいお父さん、
 ポケットにチョコボーがあったからお食べなさい」
翼先生
「親をネコ扱いするなよww」

校長先生
「|*0M0)これ食ってもいいかな??

 ハッ ハフッ ボリボリバリ」


「でも食っとるwww」
八雲
「これで落ち着いてくれよ・・・」


校長先生
ロク・・・・

たかはる
「六??」


校長先生
「ロクトフェイト・・・・・」


風花ちゃん
「いやあああああああああああああああああ!!」

「のわああああああああああああああああああああ!!」
八雲
「うひぃぃぃいぃぃぃいいぃいいぃぃいいいい!!」
霞ちゃん
「きゃあああああああああああああああああああああ!!!」


たかはる
「あ???なに?」


翼先生
「解説しよう!

 ロクトフェイトとは緊急脱出用の呪文である。

 囲まれてやられる寸前であろうと、
 出口を見失って精根尽き果てようとも、
 無事に地上に脱出できる!!!!

 ・・・
 ただしお金を半分落とし、
 アイテムはほとんどボッシュート

 すっ裸で地上に・・・・」

風花ちゃん
「解説してないで止めてぇぇええ!!」




エレナ
「大丈夫よ。
 それ僧侶の呪文だから
 お父さん唱えられないし」

校長先生
「|*0M0)うん、
 言ってみただけ~~~~~♪」

風花
「氏ねぇ!!!」


ドゴォ!!!

校長
「ウワアアアアアアァアァァ」

たかはる
「いっそみんな裸で行こうぜ!!www」
エレナ
「だから私の視界に入んなっ!!
 変態!der変態!」
ありがとうございます!!!」
「ありがとうじゃねぇよww」



「いいからさっさとお金ためて帰ろう!!!!!」






<余談>

ちなみにエレナちゃんのキャラは、
ゲーム開始時に初心者がすぐ使って遊べるよう
デフォルト登録されているキャラの一人、
「エミリィ」の名前を変更して使用しています。

|0H0)<エミリィの他にも5人キャラが登録されていたでしょう?

|0M0)<彼らは生活に困窮して、
    リルガミンの街を去っていったよ・・・。
    冒険者には向いてなかったんだろうね・・・。

|;0w0)<どうせあなたが
    身ぐるみはいでキャラクター消去したんディスよね?

|;<:V)<うむ、金がないときの常套手段だな…。

|0M0)<「どうぞ金をむしってください」って
    言わんばかりの存在だからなぁハハハ  ←外道




・・・・・・



ブッシュワッカー①
「・・・
 いや~~
 あんときゃびっくりしたなぁ・・・」
ブッシュワッカー②
「お前がさあ、
『俺が本格派のベリーダンスを見せてやる』
 とか言って刀を振り回すから・・・」
ブッシュワッカー③
「刀が手からすっぽ抜けて、
 扉に向かって飛んでいったと思ったら、
 急に扉が開いて、
 のぞきこんできたヤツ(キンジ)の
 頭にサクッと刺さったんだよな」

ブッシュワッカー①
「ベイグラントストーリーのOPみたいな感じで
 やってみたかったんだけどさぁ~~。
 まさか誰かに刺さるとは思わなかった。
 ていうかお前らも俺を置いて
 我先にと逃げてんじゃねーよwww」
ブッシュワッカー②
「いや普通逃げるだろ」
ブッシュワッカー③
「そうだよ(便乗)」
ブッシュワッカー①
「なんにしても、
 気の毒なことをしたなあ」


ブッシュワッカー②
「どうでもいいけど、
 ブッシュワーカー(Bushworker)
 かと長いこと思ってたけど、
 正しくは
 ブッシュワッカー(Bushwhacker)
 なんだな」
ブッシュワッカー③
「野盗とかゲリラっていう意味だな」
ブッシュワッカー①
「ちなみにハイウェイマンは追い剥ぎとかひったくり。
 ローグはごろつき、詐欺師
 という感じらしい」

ブッシュワッカー②
「ああ・・・
 俺たち、
 元々は真面目な冒険者だったはずなのに・・・」
ブッシュワッカー①
タチバナさんとかいう怪しい人
 ダマされて、
 冒険に出る前に身ぐるみはがされて
 訓練所も追い出されたんだ!!」
ブッシュワッカー③
「・・・そして、
 あてもなく迷宮で泥棒になってしまったけど、
 ビクビクしてばかりで、
 誰も襲えたことがない・・・」

ブッシュワッカー①
「ううううううううううう、
 事故とはいえ、
 人に危害を加えてしまうなんて・・・・ううううぅぅ」
ブッシュワッカー②
「なあ、
 俺たち、地上に戻って
 やり直さないか!?」
ブッシュワッカー③
「ああ!
 今度こそ、
 ちゃんとした職について!
 人生を正しくやり直そう!!」
ブッシュワッカー一同
「おお~~~~~~~~~~~!!!」


ブッシュワッカー④
「引越し準備終わったよ!!」
ブッシュワッカー⑤
「火の元を始末して、
 綺麗に掃除もしました!!」

ブッシュワッカー①
「よぉし、
 希望への第一歩だ!!」
ブッシュワッカー②
「その扉を開けて、
 地上へと向かおう!!」
ブッシュワッカー③
「おお!
 レッツゴー!!・・・・・」
ガチャ


ボロボロに疲れ果てたたかはる
「・・・・・・・・・・・・。」
ボロボロに疲れ果てた風花ちゃん
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
ボロボロに疲れ果てた霞ちゃん
「・・・・・・。」
ボロボロに疲れ果てた凪
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
ボロボロに疲れ果てた八雲
「・・・。」
もともとボドボドだった校長
「・・・・・・・・・・・・・・(ジー」
ボロボロに疲れ果てたエレナ
「・・・・

 いたわ、
 金よ。」

霞ちゃん
「・・・・・
 そうね。
 ヤっちゃいますよ!!」
エレナ
「ええ!!
 カティノ!!(催眠)」
霞ちゃん
「マニフォ!!!(動きを封じる)」
たかはる
「前衛一斉攻撃だ!!」
風花ちゃん
「うっしゃあああああああ!!」

MPがとっくに切れた八雲
「頑張ってください」



ブッシュワッカー①
「ヒィーーーーーーーーー!!
 強盗だあああああああああああああああああ!?」
ブッシュワッカー②
「コワイ!!」
ブッシュワッカー③
「眠っちゃダメだ!
 寝たら死ぬぞ(マジで)」
ブッシュワッカー一同
「たぁあすけてぇえええええええええええええ」






見てただけなので余裕ある翼先生
「あ、
 勝った」


宝の箱だ!
どうしますか!?

凪「罠外しとかラクショー」



風花ちゃん
「金!
 金だよ!!」
霞ちゃん
「凪ちゃん!
 シーフの出番よ!しっかりね」


「おうよ!
 まかせといて!!


 ・・・・
 えーと、
『毒針』???

 ( ゚д゚)ハッ!
 いまさらそんなのに引っかかるかよ!!

 解除解除・・・」









 おおっと!! ばくだん!
凪「てへっ」





どごおおおおおおおおおおおおおおおおおおおん!!




\ギャーー!!/ \ヒイィィ!!/ \ザヨゴオォォ!!!/














いのり



ささやき


えいしょう


ねんじろ!



キンジ
「・・・

 お・・・

 おや????

 あっしは今までなにを・・・

 あ、
 たかはるぼっちゃん、
 皆さんもどうなさいやしたwwwwwwwww」

ニンニン一同
「・・・・・・・・・・・・・」


キンジ
「ヒ、
 ヒイィ!!
 皆さん超怒ってるので!??」

ニンニン一同
「・・・二 度 と 死 ぬ な よ」



キンジ
「What!!?」



翼先生
「ホワァッツじゃねーってのwww」

校長先生
「|#0M0)いいから!帰るぞ!!」
エレナ
「いーーやーーーーーーー!!
 八雲~~~~!!
 また来るからね~!!」

八雲
「また宜しくお願いします(ペコリ」

たかはる
「よし、さて、
 これで一件落着だなっ!!!」
風花ちゃん
「うん服を着てねお兄ちゃん!!」



① 天晴  戦士
② 風花  戦士
③ 霞   僧侶    <当分はこの順で行きますので
④ キンジ  侍   <トホホ。
⑤ 凪   盗賊
⑥ 八雲  魔術師






次回、
「誰なんだゴースト」
に続く!!


チェイサーズゴーストタケルーズゴースト


「いったい誰なんだこいつら!?」
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:手裏剣戦隊ニンニンジャー
ジャンル:テレビ・ラジオ

タグ:ニチアサ 手裏剣戦隊ニンニンジャー ウィザードリィ wizardry RPG

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。