07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

タチバナさん

Author:タチバナさん
仮面ライダー剣(オンドゥル)の
動画を主に作っている
「タチバナさん」と申します。
正直、平成ライダーのマニアでないと
ついていけない、濃い目のブログと
思いますが、ニチアサを毎週楽しみに
してるような方におススメですので、
是非見ていってくださいね!
ニコニコ動画での作品
http://www.nicovideo.jp/
mylist/15107434
ツイッター
https://twitter.com/#!/
tatibanasan0M0

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

トラさんカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(0w0)「七色のオンドゥル動画」の思い出話(0M0) その⑩ 「(ゆき)を越えて -reverse」 書きかけ

2016年1月23日。

西日本に40年ぶりの大寒波が襲来!!!


|0H0)<パターン白!(ゆき)です!!

|lll0M0)<(せき)


23日、24日、そして25日と、
僕はいつも車で通っている職場へと、
雪を踏みしめながら歩くこととなった。

片道50分くらいかけてwww

特に1月24日。
つまり昨日は、
夕方になっても雪は積もる一方で、
家族に車で迎えに来てもらうこともできず、

「ええい、
 こうなったらケンジャキと橘さん
 気分を味わいながら帰るかww」


と遠足気分で家路をたどっていったのだった。

職場の近くには、
「利用客もそこまで多くないのに、
 誰が見るんだよwww」
と揶揄されるほどの、
鮮やかなイルミネーションを誇る駅がある。

「おお、
 やはり雪景色には映えるなあ。
 しかしもっと暗くなってからのほうが
 綺麗だっただろうに。
 もっと遅く帰ればよかったかなハハハ」

と、
余裕カマしながら写メをとる僕。
駅から山のふもとの団地に向かって
ずっと歩けば我が家だ。

この時、
午後5時45分くらい。

しかし、
日が沈み切る頃、
そんな僕を嘲笑うかのように、
勢いのある風と粉雪が僕の目の前を轟々と渦を巻いて来ていた。

「いかん、
 山が見えん(0M0lll)
 ナズェミエナインディス!!?
 吹雪だからや!!!」

すでに荒くなっていた僕の息でメガネは白く曇り、
街灯はオレンジ色の暖かいサークルを伴って見え、
通り過ぎる車のヘッドライトは、
数年ぶりの祭りとばかりに、
嬉しげに舞い踊る雪たちを照らし出して…

そこを通り過ぎる僕の行く手には、
いつもの田んぼに挟まれた長い一本道、
何も風を遮るもののない、
恐怖の吹雪地獄だった・・・。

「ここを通らんと、帰れん・・・」

とにかく進むしかなかった。

風と雪と身を切る冷たさに
さらされながらフラフラと進む僕は、

「そういえば、
 4年前の今日も、
 こんな風に雪が積もった中を歩いたなあ・・・」

と、
懐かしいあの日のことを思い出していたのでした。



2012年1月23日!!!!
その時の精神状況



一旦保存。

ここまでの話は、1年前の前回の記事を見てください。
http://tatibanasan0m0.blog.fc2.com/blog-entry-256.html

|0M0)<時間に余裕のある方は第一話から見てみてね!



ピピッ   ※ デジカメの撮影音


ピピッ



頭の中で、
全体のアニメーションの流れができているので、


ピピッ!


撮影そのものはスムーズだ。



ピピッ!!


特にムッキーがぐるぐる右回りに回るアニメは、
よくあるフィギュアを挟んで支える台を二つ以上使用して、
その場のアドリブで
けっこうむちゃくちゃなポーズをとらせている。


実際の動画を一時停止しながら見てもらえばわかるでしょう↓



|lll0M0)ふふふ・・・へへへ・・・・


なにかの変態のようなうすら笑いを
浮かべながらフィギュアをこねくり回す僕。

しかし、
意外な敵が僕を責め立てて来ていた。

そう、
床からの冷えである!


撮影大がちゃぶ台くらいの大きさなものだから、

寝そべって撮影していたのだ!!!


こ れ が き つ い



右手には蛍光灯スタンド、
左手には白い紙を貼ったダンボールの切れ端、
胸には悪寒・・・

「いつもの浦高は、
 車で何時間もかかるところにいる・・・。
 いつも高速ぶっ飛ばして
 会いに来てくれるのはありがたいが、
 宇部からさらに時間かかる
 我が家まで手伝いに来てくれとは言えないしな。
 こういうオタク趣味の知り合いはたいてい遠くに就職してしまった。
 こっちに残ってるのは詐欺師まがいとか・・・
 現在行方不明のやつとか・・・」

一人でも手伝ってくれる人がいたらなぁ・・・
さすがにそのときはそう思った。

場所もとる、時間もかかる、手も塞がる・・・。

ニコニコ動画でも、
 豪華な作品は大勢のスタッフでやってる。
 僕一人で、どこまでたどり着けるだろう。

 前に仮面ライダーがサッカーする動画を
 作ったが、最初の数分でもうヘロヘロになってしまったww

 なかなか厳しいな・・・」

最初の数分はそんなことも思った。

だが、
次第に無心になっていった。

ものすごい悪寒に耐えるだけで限界だったのかも。


そんな時、
さらに一つのパートが提出された。

いわゆる
「ハンマー状態」
である。
[2012/01/23 0:13:48]



|;0M0)<ごめん、長い休憩期間をとってしまいました。
    続きはこの記事に直接追記します。近いうちに。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダー
ジャンル:テレビ・ラジオ

タグ:ニチアサ オンドゥル 仮面ライダー剣 橘さん ニコニコ動画 七色のオンドゥル動画 仮面ライダー

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。