05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

タチバナさん

Author:タチバナさん
仮面ライダー剣(オンドゥル)の
動画を主に作っている
「タチバナさん」と申します。
正直、平成ライダーのマニアでないと
ついていけない、濃い目のブログと
思いますが、ニチアサを毎週楽しみに
してるような方におススメですので、
是非見ていってくださいね!
ニコニコ動画での作品
http://www.nicovideo.jp/
mylist/15107434
ツイッター
https://twitter.com/#!/
tatibanasan0M0

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

トラさんカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

|0M0)<今日からジュウオウジャー&ゴーストの公開ですぞぉー!! 前編

2016.08.06 03:34|ジュウオウジャー
大和
「今日8月6日から、
『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー
 ドキドキサーカスパニック!』」




タケル
「そして!
『劇場版 仮面ライダーゴースト
 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』」


 

御成さん
「いよいよ公開ですぞぉーーー!!!」


アカリ
「特に、
 後期平成ライダーにとって夏映画は、
 1年間の集大成、
 最後の打ち上げ花火みたいなものだしねぇ・・・」

アラン
「なるべく派手で大きくて、
 綺麗な花火を楽しもう、
 みんなで(`・×・´)」

マコト
「花火か。
 幼い日々に見たような・・・
 美しくも儚い記憶・・・
 そういうものを掘り起こす話になりそうだ」
カノンちゃん
「お父さんとか・・・?」


タケル
「このブログを書いている人は、
 イゴールとジャベルが英雄の村を訪ねる…
 という話で公開前記事を書こうとしてたら、
 二人とも出ない
 と聞いて本気で頭を抱えているらしいよ」

大和
「そう・・・(無関心」



※ こっからの話には、致命的な矛盾があります。まぁ気にしないww

操くん
「みんなみんな!!
 映画の公開にあわせて、
 俺ブログを始めたんだ!!!」

大和
「ぼ、ぼっちのくせに・・・」
タスク
「ブログだってぇ?・・・」
アム
「たしかに、
 パソコンとかネットとか、
 ずっと見てるの上手そうだよねっ(辛辣」
レオ
「でそのブログとやらは美味いのかぁ??」
セラ
「食べたければお好きにどうぞ」


操くん
「ぼくらの映画に関する情報も、
 バッチリ書いておいたよ!!!
 みんな見に来てね!!
 とくに大和くん!!!!!!
 ついでにタスクも!!」

大和
「(微妙に目線をそらしながら)
 そうだね」
タスク
「ついで・・・
 だと?????」

操くん
「タケルくんにも見て欲しいな!!」

タケル
「そっかあ!!
 操くんのことよく知らないけど、
 ブログって面白そうだね!!!
 是非みさせてもらうよ!!!!」


【三日後】

「ロンリーウルフ・門藤操の心の世界を綴るブログ」
(ワニ・オオカミ・サイのイラストつき)

アクセスカウンター
【000001】


三日間ノーパソの前で体育座りをして微動だにしなかった操くん
「・・・

 社交辞令ってレベルじゃねぇ・・・

 よく考えたらあいつ幽霊だから
 スマホとかブログとか縁がなさそうだし・・・

 タスクはゾウだし・・・

 大和くんはなんとなく目を合わせないし・・・

 やはり俺にはブログをやる資格はなかったのか・・・」

体育座りのまま横に寝る操くん。


大和
「あのー、
 ここ俺の家なんだけどー」
レオ
「自分の家に三日間いたこいつをスルーしつづけたお前も大したもんだ」
アム
「これが放置プレイってやつなんだ!!」
操くん
「プレイ??
 俺とのことは遊びだったんだね!
 ひどい!!」

セラ
「遊び???
 三日間も遊び呆けるなんて、
 たしかにひどいわね」
大和
「もうどうツッコんでいいかわからない・・・

 いや、まー、
 最近忙しかったからねー。
 見る暇なかったよハハハ」


「そんなに毎日スマホいじってるのに、
 数秒間も俺のブログを見る暇がなかったっていうんだね。

 そうか・・・

 うん・・・
 そうなんだ・・・・・・・・」

大和
「めんどくせえ・・・

 わかった!
 見よう!!
 だからノーパソの前をどくんだぁ!!」

操くん
「自分のスマホで見てよ!!
 じゃないと
 カウンター回らないじゃん!!!!!」

大和
「知ったことかあ!!!

 ・・・

 えーと・・・」

※ 上半身裸でキメ顔の操くんの写真

『オレは門藤操・・・
 心のWOLRDを旅し続ける・・・
 そう、
 孤独な心の旅人・・・

 オレが追い求める夢・・・
 DREEM。
 それは・・・』

大和
「うるせえ!!!!」



セラ
「なにパソコンに向かって叫んでるの!?」
アム
「だいじょうぶ?大和くん」

大和
「なんでもないよハハハ。

 ん?
 映画の情報ってこれ???」


「そうそう!!!」

『オレは見た。
 宇宙サーカス団の団長を名乗る宇宙人・ドミドル
 そいつが、
 オレのマブダチ、
 タスクをさらっていったんだ・・・
 心配だ、
 大丈夫だろうか、
 俺の親友・・・』


大和
「うーん・・・
 読んだけどさ、
 タイトルと自分の写真と、
 自分の紹介だけ凝ってて、
 本文はちょっとだけ・・・か。
 
 もうちょっと内容を充実させないとさー。
 こんなつまんない情報だけじゃなくて、
 もっとこう、
 みんなの目を引くような・・・」

レオ
「あれ?
 タスクが捕まったって書いてあるぞ???」

※ 実際の映画ではまずレオが捕まるようです。

アム
「ん??
 そういえば、
 タスクくんに3日ほど会ってないなあ・・・」
セラ
「そうだっけ???」



操くん
「・・・ひょっとして、
 みんなあんまり心配じゃない???」

セラ
「最近静かで快適だなあ・・・って」
アム
「でもぉ、
 最近お部屋がちょっとずつ
 薄汚れていってる感じがするよぉ??」
レオ
「そいつは困るぜ!!
 助けにいかないと!!!」

操くん
「もう!!
 
 だから三日前から、
 俺のブログ見てって言ってたんじゃないか!!」
大和
「口で言えよ!!!!!!!!!!!!」



というわけで、
タスクがとらえられているという
サーカスのテントにやってきました。


ドミドル
「フフ・・・
 なかなかいい眺めだぜ。
 ゾウ之内」

いい眺めだぜゾウ之内
    ↑ドミドル


大和
「ゾウ之内くん!!!」
アム
「ゾウ之内くんDA!!!」
レオ
「誰なんだよ」


セラ
「また遊戯王ネタ・・・??
 最近映画やったとはいえ、
 原作漫画はけっこう昔だから、
 若い人はわかんないんじゃないかなー」
大和
「どうでもいい」

元ネタ↓(少しいかがわしいので注意)
http://blog.livedoor.jp/maxut/archives/47494942.html


セラ
「サーカスのチラシには
『かわいそうなゾウのショー』
 と書いてあるけど・・・」

アム
「どちらかというと
『気の毒なゾウ』
 じゃない??」

大和
「どう違うのかわからん」

レオ
「もはやかわいそうとかいう次元じゃねえwww」

ドミドル
「はははは、
 タスクくんは、
 あなた方のおじさんによってここに連れてこられたのです。
 その時点で十分かわいそうでしょう」


大和
「なんだって!?
 おじさんが裏切って
 タスクを売り飛ばしたっていうのか??」


真理夫おじさんじゃなくて出浦昌相さん
「ふふふ・・・
 このサーカスで得た資金で、
 ふたたび真田家は徳川と戦うのだ・・・」


<豊臣政権時代>

鳥のコスプレをしてる真理夫おじさん
「あれぇ???
 みんななんで着物着てるの??
 そういうコスプレショーなのかな・・・??」

真田昌幸パッパ
「こいつどうしたんだ・・・
 鳥の被り物なんかして。
 忍者として必要なアレなのかコレは」

真田信繁
「忍者として必要なソレなのでしょうきっと」

真田信幸お兄ちゃん
「ち、
 父上が女(スパイ)とイチャイチャしてたから、
 ストレスでおかしくなっちゃったんでしょう???
 こんなところを、
 お義父さんに見られたら・・・
 
 ひぃっ!!?(lll゚Д゚)」

仮面ライダー1号じゃなくて本多忠勝さん
「わけのわからない鳥の扮装・・・
 貴様、
 なにか企んでいるな・・・???
 おのれショッカー!
 いや真田家!!!」

真理夫おじさん
「なんで刀抜いてるんですか藤岡さん!?
 うわああああぁぁぁ」


そんな話はともかく・・・


レオ
「なんでタスク吊るされてるの??
 そういうフェチなのかぁ??」

大和
「この番組ではよくあること(マジ話」


セラ
「ほんと、
 よく吊るされたり、
 脱がされたり・・・
 いったい誰の趣味なのかしらねぇ・・・

 脚本????」

アム
「まぁまぁ。(肉球をセラのほっぺたにあてて
 そんなことより
 タスクくんを助けないと・・・」


操くん
「そうだよ!!
 俺が大事なともだちを助けるよ!!

 タスクくん・・・
大好きだ・・・・・・」
普通に泣かせるシーン


タスク
「僕はそうでもないです。」


操くん
「・・・」

※ 地面に横倒しになる。


セラ
「原作の超泣かせるシーンがブッチ壊しね・・・」


大和
「まあともかく、
 なんでこんな馬鹿なことを??」

ドミドル
「こうして吊るされて放置されてるのを見て
 悲しむ子供たちの感情が、
 我らのエネルギーとなるのだよ!!」

<ぐへへへwww
<いい眺めだぜ・・・
<ハァ・・・ハァ・・・


アム
大きなおともだちしかいないんですけど」
セラ
「いやむしろ変態しかいない」

大和
「子供たちの夢を奪い利用する悪党ども!!
 ジュウオウジャーをなめるなよ!!」
アム
「いやだから
 (中身が)子供の人しかいないってば」


ドミドル
「はははは、
 ゾウを返して欲しくば、
 サーカスで勝負だ!!!」

レオ
「だいたいサーカスってなんだよ食えるのか」
セラ
「勝手に食いなさいって言ってるじゃん・・・」


アム
「サーカス・・・
 
 
そういえば聞いたことがある・・・」

大和
「知っているのかアム!?」

アム
「あむ!!!!(うむ)

紗亜華須だぞ、覚えろよ



紗亜華須(さあかす)・・・

中国は隋の時代、
暴君として知られる煬帝は、
家臣である楊素(ようそ)をスパイとして疑い、
古代の炮烙の刑を模した極刑に処そうとした。
それは、
炎の上にある、
油を塗った細い柱を歩いて渡らせるという
残虐な刑であった。

その家臣の娘である楊紗亜(さあ)は、
父の代わりに刑を受けると名乗り出て、
炎の上の柱を、
華麗な身のこなしで踊りながら
見事通り抜けたという。
その美しい姿に、さしもの煬帝も、
「紗亜の姿は華(輝くように美しい)なり」
と賞賛し、
楊素を疑ったことを恥じて、
「彼とその娘、須(すべか)らく用いるべし」
と親子を大事に用いたという。

そのことから、
綱渡りや火の輪くぐりなど曲芸をもって
人々を楽しませる見世物のことを、
「紗亜華須」
と呼ぶようになったのである。

<民明書房刊「板野サーカスの源流は古代中国」より抜粋>


セラ
「そうか!
 サーカスは古代中国の発祥だったのね!!」
アム
「あむっ!!!」
レオ
「中華料理だったんだな!!!」


ドミドル
「そこまで知っているなら話が早い!!
 わたしと、
 サーカスで勝負だ!!!」

大和
「やぁってやるぜ!!!

 ・・・
 みっちゃんが!!!」


「・・・え???」



タスク
(ぶん投げた・・・。
 やる気ないね大和・・・)


後~~~半へ続く~~~~


|;0M0)<最後まで書きたかったが時間が遅い。
    続きはまた明日の夜ね!


↓アムの声で

<次回予告>

やめて!ドミドルの特殊能力で
ジュウオウキューブを焼き払われたら
闇のサーカスでジュウオウキングと繋がってる
タスクの精神まで燃え尽きちゃう
お願い死なないでタスク!
あんたが今ここで倒れたら
操くんや大和くんとの約束はどうなっちゃうの?
ジューマンパワーはまだ残ってる
ここを耐えればドミドルに勝てるんだから!

次回!
「タスク 肉になる」

キューブスタンバイ☆
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:動物戦隊ジュウオウジャー
ジャンル:テレビ・ラジオ

タグ:ニチアサ 動物戦隊ジュウオウジャー 仮面ライダーゴースト 真田丸 遊戯王

コメント

非公開コメント