06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

タチバナさん

Author:タチバナさん
仮面ライダー剣(オンドゥル)の
動画を主に作っている
「タチバナさん」と申します。
正直、平成ライダーのマニアでないと
ついていけない、濃い目のブログと
思いますが、ニチアサを毎週楽しみに
してるような方におススメですので、
是非見ていってくださいね!
ニコニコ動画での作品
http://www.nicovideo.jp/
mylist/15107434
ツイッター
https://twitter.com/#!/
tatibanasan0M0

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

トラさんカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

|0M0)<仮面ライダーエグゼイドの話 Stage.6 退かぬ媚びぬ省みぬ③ まだ続く

2017.03.17 08:15|仮面ライダーエグゼイド
ロケテスト…

というもので、
自分が体験した唯一のゲームは、
初代の「バーチャファイター」です。

高校時代、
僕は弓道部だったのですが、
とある県大会で、
部のメンバーたちとともに電車に乗って…

北か東かどっちか…
おそらく防府市だったと思われます。

なんか記憶が薄いって??
まぁバリバリ補欠で、
個人出場でも散々な成績だったので、
あんまり積極的に思い出すことはなかったのです。
確か屋が屋根にガーンッとぶち当たったような記憶が・・・


で、
帰りに仲間とともにでかいデパートに入りました。
僕としては当時興味があった、
漫画「AKIRA」の単行本がないかな、
と思って入ったのですが
(田舎の書店には取り寄せでないとなかった)

田舎者でもあり、
珍しくてついフラッと入ったゲームコーナー・・・

そこに今まで見たこともない、
微妙にカクカクした3Dのゲームがあったのですよ。

「ほう。。。
 3Dグラフィックスのゲームなのか???
 ・・・
 開発度80%??(60だったかも?)
 ほうほう、
 いかにもなゲーマーのお兄さんがたが、
 目を三角にして対戦なされているぞ・・・

 うおっ!?
 キャラ選択した時の、
 カクカクのおっさん(多分ラウかジェフリー)が
 ニヤッと笑うのがキモい!!
 っていうか怖い!!
 うわ無理無理無理・・・」

で、
そのしばらくしてお兄さんがたがいなくなった時、
僕もなけなしの100円を投入して見ました。

「リュウっぽい初心者キャラ・・・
 このハチマキかな??」

操作も独特で、
ジャンプが役に立たないし、
生パンチと生蹴りと、
ワンツーパンチのみで最初のジャッキーをかろうじて倒した僕。
サラステージの夜景に、
ゲームの未来を見たような・・・




※ ロケテスト版の時は、
  出てくるキャラの順番が違ったかもしれません。
  おぼろげな記憶では、
  2ステージ目に夜景(↑この動画の1分半くらい)が
  見えて「綺麗だなぁ」と思いつつ、
  ゲームオーバーになってしまったような感じでした。

  …いや、時間かけて思い出してみたら、
  やっぱり3ステージ目だったかな?


その時思ったのが、

「きっと、
 残りの20%を作り上げることで、
 このカックカクの人たちが、
 ツルツルのイケメンに仕上がる
 んだろうなーー〜・・・」


実際そうなるには、
バーチャファイター2まで待たないと
いけなかったんですけどね。

小さい頃も、
アウトランやアフターバーナー、
またスペースハリアーに激しい衝撃を受けて、
「きっと未来はセガとともにある」
と思ったものです。
雑誌「BEEP!」の影響もあるけど。

高校の時のこの体験により、
頭の中がゲーム一色になった僕は、
小旅行のたびにゲーセンを探してまわり、
大学のために愛知県に移り住んでからは、
もう毎日ゲームセンターに入り浸る生活になりました。

それにしても、
インターネット普及以前の
ゲームセンターコミュニティは
本当にカオスで賑やかで楽しかった。
バーチャ3稼働初期の時なんか、

マジなおにーちゃん、
卑怯な子供、
気のいいおっちゃん、
たまに女の子。

ありとあらゆる人が群がってきて、、、

人と戦うには、
夜に街に繰り出すしかなかったから・・・


|0M0)<当時はさ、
   「バーチャ鉄人」
    という方々が居たんだよ。

|0H0)<新宿ジャッキー、池袋サラ、柏ジェフリー、
    そしてブンブン丸・・・

|0M0)<まー他にも色々居たけどさ。

「ゲームの仕組み次第で、
 強さなんてコロコロ変わる。
 ちゃんと本職があるのに、
『強くないと、
 勝てないと笑われる』
 鉄人として祭り上げられた彼ら」

の苦しみが、
雑誌やテレビを通してひしひしと伝わってきましたね。

大会の途中や、
予選でバタバタ斃れていくのが
当たり前だったしね。


今は資金が集まって
絶賛開発中らしい「シェンムー3」
身命を賭して取り組んでいるであろう
例の鈴木裕さんが、
バーチャファイター2の頃に、

「ほら、
 新○ジャッ○ーっていう人が(全部伏字だったがそうとしか思えない)
 いるじゃないですかwww
 
 彼はこのゲームで食ってるんですよねwwwwwwwww

『(バーチャ1で強かったからって)
 なんで2でジャッキーこんなに弱いんですか!
 これじゃ食っていけない!!!』

 って泣きつかれたんで、
『うーん、
 確かに弱くしたけど、
 頑張ればなんとかなるよwwwwww』

 って、
 僕もいっぱいプレイして、
 彼に教えてあげましたwwwwwwwwwwwwww」

なんてインタビューでしゃべってました。


鈴木裕さんについて。↓
http://news.denfaminicogamer.jp/projectbook/virtua_fighter


そういう当時の空気を
楽しく伝えてくれる、
「バーチャファイターリラックス」
という書籍が、
手放したのを後悔するレベルで面白かった。

初心者の大学生(アホ)が、
無理して金貯めてサターンとバーチャ2買って、
仲間内で盛り上がって、
ゲーセン対戦デビューして、
強いやつを求めて電車で遠征して、
気がついたら全国大会出場(しかもジャッキーで)・・・
っていうサクセスストーリーを、
対戦事情も加えて面白おかしく書いてあった。
探して読んでみたら??


|0H0)<でさあ、その新○ジoっ○ーさんはどうしたの??
|0M0)<3になってジャッキーが最強キャラになってからしれっと復帰したとか。


池袋サラさん(元ホストの色男)も、
本業はプログラマーなんだけど、
カードローンで引き出しできなくなるくらい
ゲームにつぎ込んでたり、

|0M0)<この人、家庭とか大丈夫なんだろうか・・・

っと思ってたら、
赤ちゃん抱いてニッコリしてる写真が
雑誌に載ってて、

|;;0M0)<いやむしろ大丈夫なんだろうか・・・

って思ったら、
え?離婚??
例の女弟子と再婚??へー



で、
結局親子二代でバーチャ大会出場wwwww↓



|0M0)<感慨深いね・・・

ブンブン丸さんはファミ通の編集者で、
僕の心のアイドルだった。

大門ラウの立ち斜上ラッシュが猛威を振るってたのを、
ギリギリの見切りでブンブン投げて逆転勝利した
試合の動画はマジで感動したもんだ。


最初に出てくる人が池袋サラさん↓



今も元気なら嬉しい。

そういやキャサ夫ってどうしてるの??

ネットで調べたら、
なんだかんだ大会にも出てるみたいだ・・・。

|0H0)<ネット時代は便利ですね。
   今ならもう消息すらわかりませんよ。

|0M0)<そうだな・・・。
   だがそのネットがゲーム業界を衰退させてしまったかもしれん。


僕が愛知県に住んでいた頃は、
。。。歩いていける範囲に・・・

13、4くらいのゲーセンがあったな。
パッと思いつく範囲で・・・。

歩いて行くか、自転車で行くしかなかった。


|0M0)<それでさ、
   豊橋駅付近のゲーセンから
   自転車で大学方面に帰る途中、
   3人組のヤンキーに取り囲まれたんだよ。

|0H0)<とうとうリアルファイトに!??

|0M0)<僕も18歳くらいだったかな。
   自転車で並走してくるヤンキーが、
  「君一人??」
   と聞いてきて、
   少し進んだ人気のないところで3人組に取り囲まれた。

さすがにこれでは勝負にならん。
黙って殴られて、
なるべく早く解放してもらおう。
どうせ財布には3千円しか入ってない・・・。

ぶっちゃけ僕は、
とても頑丈そうな見た目をしているのだが、
なんかヒョロいヤンキーその1が、
僕の顔面にグーパンしてきたんだわ。
。。。
正直そんなには痛くなかったな。
むしろ僕がキョトンとしているのをみて、
相手があからさまにビビって、
もう何回か殴ったり蹴ったりしてきた。

「案外、
 抵抗したら勝てるかもしれん・・・
 でも、
 知り合いのヤクザがどーのこーの言ってるし、
 面倒は避けて、
 大人しく殴られた方がいいか・・・」

と思ったが、
隣のヤンキーその2(さっきの偵察役。やっぱヒョロい)が、
「まぁまぁ、
 本気で怪我させたらやばいし」
とか止めに入って、
その後はヤンキー1が何かカッコつけて
うだうだ喋るのをポカーンと聞いていた。

ヤンキーその3は口下手なのか、
黙って突っ立っていた。

10分後くらい、
3千円を受け取ってヤンキーたちは帰って行った。

その後、
豊橋駅への往復には、
必ず電車を利用するようになった。


|0M0)<その時の体験で、
   「相手が格闘技の経験者でもない限り、
    殴られ蹴られしても大してダメージはないっぽい」
    というのを学んだなー。

|lll0H0)<まーあなたは中学時代、
    車にはねられたら車の方が壊れましたからな。


※ 大げさに言ってますが、
  自転車に乗って正面からはねられたので、
  タイヤとかがショックを吸収してくれて、
  足の骨が少し削れるだけで済んだのです。
  自分が車の上を転がって跳ねて、
  宙を舞っている時の感覚は生々しく覚えている・・・。

|0M0)<まー人はさ、
   体より心の方が壊れやすいんだよ。

|0H0)<かっこいいこと言ったつもりか。


前述の、
バーチャファイターの生みの親である
鈴木裕さんの開発中のエピソードでも、
「このゲームには、
 本気で人を殴るリアルさが足りない」
と、
開発者にリアルな暴力の迫力を求める話があってね。

|0H0)<有名な「俺を殴ってみろ」ですな。



仮面ライダークロニクルの中でヒマしてるゾンビ社長
「なあ・・・
 キリヤ・・・
 お前ケンカしたことあるか??」

同じくヒマぶっこいてるキリヤ
「あー・・・
 まぁ・・・
 ないこともないっスけど・・・」
殴ってみろ


ゾンビ社長
「今からオレを、
 殴ってみ  ボゴォ!!!!
 
 おヴッッwwwwwwwwww」

キリヤ
「・・・。
 大丈夫っスか??」

ゾンビ社長
「(鼻血をダラダラと流しながら)

 あははははははははははははははははははは。

 お前、
 今本気でなぐったろ??殴ったよね???」

キリヤ
「いやいやいや、
 だって、
 殴れってゆーから」

ゾンビ社長
「親父にもぶたれたことないのに!!!」

ドゴォ!!!

キリヤ
「うぶッッッwwwwwww

 (鼻血をダラダラと流しながら)

 へへへへへへへへへへへ
 
 えいっ⭐︎」


ドスゥ!!!!!

ゾンビ社長
「ごふぅwwっwwwww

(口からダラダラ血を噴き出しながら)

 誰が蹴れっつったんだよwwww

 オラァwwww」

キリヤ
「知るかボケェwwwっwwwww」

ROUND1・・・

ファイッwww


ゾンビ
「はどーーーーーけん!!!wwww
 はどーーーーーけん!!!wwwwwww」 どすどす
キリヤ
「しょーーーーーーーー
 りゅーーーーーーーけんwwwww
 たつまきせんプーーーーーきゃくwwww」 ぺちぺち



パラど
「こいつら本気でヒマだね・・・・」

復活したグラファイト
「うんうん、
 俺らはこれから忙しくなるから・・・」


|0M0)<まぁこのエピソード、
    作り話らしいんですけどね。

パラど
「ダメじゃんwwwwww」


まぁもうちょっとでまとまるけど、
時間が時間なので、
次回に続きます。

ちょっと春映画の記事を書くので・・・
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダーエグゼイド
ジャンル:テレビ・ラジオ

タグ:ニチアサ

コメント

非公開コメント