07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

タチバナさん

Author:タチバナさん
仮面ライダー剣(オンドゥル)の
動画を主に作っている
「タチバナさん」と申します。
正直、平成ライダーのマニアでないと
ついていけない、濃い目のブログと
思いますが、ニチアサを毎週楽しみに
してるような方におススメですので、
是非見ていってくださいね!
ニコニコ動画での作品
http://www.nicovideo.jp/
mylist/15107434
ツイッター
https://twitter.com/#!/
tatibanasan0M0

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

トラさんカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|0M0)<今週の仮面ライダーウィザード 第11話「守り抜く約束」

2012.11.22 23:58|仮面ライダーウィザード
(思い出すままに書きました。細かいことは気にしないで読んでください)
11/26 重要な台詞を追加。

吾輩は木崎である。名前はまだない。
木崎です


晴人「一生ないんじゃないっすか??ニヤニヤ」

うるさい黙れ。

……(´;ω;`)ウッ…

輪島のとっつぁんに、
「でさぁ、魔法石持ってくるのはいいですけど、
 指輪にして、その後どうするんです?」

…って言われてしまった。

晴人「…で、実際どうすんの??ねぇ」

…指にはめて、それから…

晴人「それから??ねぇねぇそれから?(・∀・)ニヤニヤ♪」

う…
うるさーーーーーーい!!!
うううっぅぅううええええええええん 。゚(゚´Д`゚)゚。
来い!直己くん!!

晴人「あっ!?直己を置いてけよ。まだおしおき(デコピン)が…」


とある埠頭。
俺は直己を倉庫の中にかくまい、
その周囲に国家安全局0課のメンバーを集め、防備を固めた。

部下「木梨さん…もしここにグールが襲ってきたとして、
   我々の力で防げるんでしょうか?」

…んー、まぁ大丈夫大丈夫。
あと俺は木梨じゃない木崎だ。

…とか言ってたら本当に襲ってきたよ!?
よし、計画通り!
直己くん、逃げるぞ!!あとよろしこ!

「ウェッ!?井崎さん、なぜ逃げるんです!!(ボカッ)…ぎゃあああ」
玉木さん…あんたと俺は!仲間じゃなかったんで…(ゴスッ)ぐぇえ」
木原くん!!本当に裏切ったんですかー!!!(ドゴォ)ほげぇ」
山本さん!何故だ!なぜだぁああああーー!!(グリグリ)ひぃぃ」

これも正義のためだ!
あと上司の名前も覚えられない部下など要らぬ!!
まとめてくたばれ!!!(´;ω;`)

ああっ??なんか俺まで囲まれたよ!!

長野原さん…自業自得です…(ガクッ」
「いや東雲さんだよ…鮭だー(ガクッ」

ええい使えない連中だ!!
(ズガッ)うげっ?(ドスゥ)ぐはぁwwww
ちょwwwやばwwwwwフクロwwwwwwwwwwww
誰か、たすけてー!!

どぉーにもー♪
こぉーにもーー♪
どうにもなーらーないー
そーんなっとっきーーーーーーー♪

晴人「魔法使いが欲しい、…だろ♪」
※今回の画像ではありません


晴人「ズバッと参上!!!ハリケェーーーン!!」

助けてー!!
ウル○ラマーン!!!

晴人「ちょwww300万光年待っても来ねえッスよ!!
   是非魔法使いで妥協してくださいですよ!!!」

ゾフィーお兄さんジー…

|彡サッ

あたりまえハリケーン♪


空をクルクル回りながら、
グールどもを銃で効率よく排除するハリケーン晴人。

さすが、慣れてるなぁ。
むぅ、悔しいがやはりモチはモチ屋か…。

晴人「ポンデ○ングっすかぁ??モッチモッチ♪」

そのモチじゃない…つーかたまにはドーナツから離れようよ…。

とか言ってたら、なんか赤いのが来たぞ?
なにこの暑苦しいの!!

晴人「あー!!この前焼き鳥にしたフェニックス!!」
ユウゴ「復ッ活ッ!復ッ活ッ!!復ッ活ッ!!!
    俺は何度死んでも蘇る不死身のファントム、フェニックスだ!」
晴人「つまり何度でもやられるということですね、わかります」

うわぁ…それ言い過ぎだろ…( ;´゚д゚`)

ユウゴ「うう…_| ̄|○
    最近さ、会う人みんなにそう言われるんだよ…」
晴人「まぁ何度でもというなら、今回もさっさとやられてください。
   ドラゴンさーん!出番ですよー!!!」
ユウゴ「おおおいちょっと待てよ…」

ドラゴン「欝だ…」

一同「はい??」

ドラゴン「なんか…気持ちが沈んじゃって…やる気がでないんですよ…ハハハ…」

晴人「おおおいちょっと待てよ…」

…30分後。

ドラゴン「ふふふ…何をやってもうまくいかないような気がしまして…」

それは、いけませんねぇ。
ストレスの蓄積というやつですよ、ええ。
ちゃんと治療すれば治りますって。
さあ元気だして!
頑張れ!頑張れー!!!
晴人「おいやめろゴルァ」 ※鬱病の人に頑張れというのは禁忌です。

ドラゴン「いえいえ…なんか苦しくて…死んでしまったほうがましかも…」
晴人「じゃあ氏ねよ。…ていうか、あんたが絶望してどうすんだー!」

そうっすねー。
せっかく最近大活躍してて、子供達のアイドルになったのに、
鬱病で引退した、なんてことになったら…

ユウゴ「竜頭蛇尾ってやつか」
…そう、それ!

ドラゴン「もう蛇でもトラさんでも何でもいいですよ…何もかもどうでもいい…」

ユウゴ「あきらめんなよ…」

!!?

ユウゴ「あきらめんなよ!!
    どうしてそこでやめるんだお前!!
    一番になるって言っただろ!
     富士山のように、日本一になるって言っただろ!
    傷つくこと恐れちゃ、駄目、駄目、駄目、
    駄目だよベイベェェ!!」

うわっ…暑苦しい…。
この人こういうキャラだったの?(´д`;)

晴人「いやその…変態だとは思ってたけど…」

ユウゴ「だからこそ、Never Give Up!!
    もっと!熱くなれよぉぉぉぉおおおおお!!!」

ボオオオオオオオオオオオオオオオ

うわっ熱ッッッ!!?

晴人「直己が危ない!!」

直己「ウワアアアアァァアァ(恐怖心)」

晴人「!?直己じゃない!!
   ダリナンダアンダイッダイ!!!」

あ、バレた。
そう、彼は擬態能力を持つ、
えーと…ヘタレゾディアーツ…
じゃなかった、リブラゾディアーツさんだ!!

晴人&ユウゴ「なにぃぃぃ!?偽物かぁあ!!!」

速水校長「フフフフ…だぁーまされたー
      だまされたー♪ハイー」

直己を無事逃がすための、おとりになってもらったんだ。
そう…つまり、
す、すりかえておいたのさ!!(ドヤァ

晴人&ユウゴ&ドラゴン「………(怒)」

ドラゴン「なめるな…
     なめるなこのヘタレがああああああああ!!!」

フレイム
 ドラゴン♪

ヘタレリブラ「!!?待ってください!ご、ご勘弁をぉおおおおおお!(土下座)」

ドラゴン「ネビュラへ逝けぇぇええい!!」
ボォオオオオオオオオオオオオ!!(マジ炎ブレス)

ヘタレ「うわああああああぁぁぁ」

晴人「ヘターレ…じゃなかったフィナーレだ!!」

ルパッチマジックタッチゴー♪
「ビッグ」
チョーイイネ!
最高ォオオオオ!!

スパコーーーーーン

校長「存在が…軽いぃい~~~~~~~~~~~~!!」
無茶しやがって…

無茶しやがって…
あ、バイト代払わなくすんだわ。

ドラゴン「やった…私でも、やればできれんですね…ヽ(;▽;)ノ」
ユウゴ「そうだよ!しじみだってトゥルルって頑張ってるんだよ!!」
晴人「もういいから黙ってろ」

よし、作戦成功…。
直己は安全な場所に移ったはずだ。
あの妙に顔の位置が低いファントムも、もう見つけられないはずだ。

晴人「あーあいつッスかwww
   椅子に座ってパソコンやるの大変そうだねあいつwww」

そうだなwwwwざまぁガーゴイルwwwww

ユウゴ「いやいや、ガーゴイルが言ってたけど、
    特殊な匂いのするツバをつけといたから、
    ピンポイントで見つけて絶望させるらしいぞ」

晴人&木崎「な、なんだとおおおおおおおお!!?」

晴人「くっ……木崎さん、そこへ案内してくれ!!」
ああ!!頼む(後ろへ乗る)

ユウゴ「あ、俺も行くから乗せて…」
晴人「だ が 断 る」

ブロオオオオオン

晴人「そうかッ!木崎さんそんな悲しい事情があったんだねッ!!」
直己の元へ走る途中、俺は魔法使いにだいたいの事情を説明した。

半年前、俺と片山さんはある事件の捜査を担当していたんだが、
その際に片山さんは偶然例の「緑の魔宝石」を入手した。

事件の陰に謎のバケモノ(ファントム)が絡んでることも知り、
彼らの会話を盗み効くことで、
ファントム・ガーゴイルの狙いがゲートである直己
ということも知ってしまった。
片山さんは、俺に直己を守るように命令。

俺は直己の元へ走ったが、その場に残った片山さんは、
ガーゴイルに単身立ち向かい、そのまま…。

本当に家族思いの人だったよ(´;ω;`)
それに…
晴人「それに??」

あの人だけは…
俺の名前を一度も間違えなかったんだ…!
晴人「アーナルホドー」

だから…
俺は自分や部下を危険にさらしても、
直己を守るって誓ったんだ!!!!


晴人「俺も同じだ!あいつを守ってみせる!!」

集合予定の場所へたどりつくと、
そこには倒れている凛子くんと、
妙に顔の位置が低い例のガーゴイルと、

…そして、体中がヒビだらけの直己…

うわああ、直己ィイイイイイイイ!!

妙に顔の位置が低いファントム・ガーゴイル「一足遅かったッスね♪絶望ォォォだねッ!!」

直己「木崎さん、今知りました…お父さんはこいつに…ううッ」
ビキッ・・・ビキィッ・・・

キキキィィッ。(ブレーキ音)

晴人「俺の目の前で絶望なんかさせるかよッ…
   俺は…俺は魔法使いなんだぜッ!!!
   さっさと、片付ける!!!」

シャバドゥビタッチヘンシィィーーン♪

<中略>

スペシャル!サイコォーーーーー!!

ぼぉおおおおおおおおおおおおおおお(マジブレス)
妙に顔の位置が低いガーゴイル「ギャアアアアア」
ずがあああん

晴人「よしッ」
ドラゴン「歯ァーッはははッははッは!くたばりおったわぁッ!!」

は、早…。
まさかガーゴイルが体を硬質化させて攻撃を防いでるときに、
マジックで奴に間抜けな落書きをし、
慌てて防御をといた隙に全力攻撃とか、

…さすが汚い。

晴人「久しぶりに約束する、俺がお前の最後の希望だ!!」

エンゲージ!!

…入っていった。
直己、なんとか耐えてくれ!!

直己「お父さん…」
直己…。


直己、君には黙ってたが、お父さんは俺に君を託したんだ。
片山さんのためにも、俺のためにも、
君を必ず守ってみせる!

直己「木橋さん…」

木崎だ。

直己「それなのに僕はあなたを…ごめんなさいぃぃいい」
ビキビキビキビキッ・・・・!!!

うわああああヒビが増えたやべええええええ!!

りんこ「村田さんが余計なこと言うから!!」

とにかく早くなんとかしてくれぇ~!!

りんこ「!?中から何か聞こえますよ!」

晴人「なんかマド○ンドに目玉がついてるような奴がいるぞ!!」
キモハンド


ドラゴン「わははっははははみwなwぎwっwてwきwたwZE!!」

ドラゴン一気に躁状態かッッ!?

晴人「これ以上、直己の心を無茶苦茶にさせるか!!いくぞぉぉ合体ィィ!!」
ドラゴン「イイイィィィーーーーーーーヤッハァアアアアアアア!!」
ゲッタードラゴン!!(違


ドシュゥウウウッ!!
ドゴオオオオオオオオオン!!


…静かに…なった。
終わったのか?

ああっ!直己のヒビがふさがっていく!!
勝ったんだッッ!!

ドゴォッッ
ふげぇっ!?
(勢いよく飛び出してきたバイク&ウィザードに派手に轢かれる木崎さん)

晴人「あ…ごめん」
りんこ「うわー…いつかやると思ってたのよねぇ」

だったら先に知らせろやァァァア!!!


ユウゴ「鬱ってさ…誰でもなる可能性があんだよな…お前も気をつけろよ?」
ミサ 「な…なによ急に???」


…数日後、片山さんが亡くなった場所に、
あの人が好きだったワインを、いつものように備えに行くと、
そこにエンゲージリングをつけた直己がやってきた。

そして、父親の後をついで、国家安全局に入る、と言ってくれたよ。

直己「人を守りたいです。父さんや、木崎さんみたいに!」

よっしゃあ任せとけ!!
俺がビシビシ鍛えて…

ん??

壁|ω・`)ジー… ←晴人

ま、魔法使い…
ナズェミテルンディス!!? 

晴人「せっかく俺がエンゲージしたのに、
   木崎さんのほうに行っちゃうんだね…(´・ω・`)」

え?
あ、あっははっはははh(汗
どーだ!思い知ったかでしゃばり魔法使いめ!
彼の心は俺のもんさァァははははははは!!!←ヤケクソ

晴人「(´・ω・`)ショボボボボーン……若ハゲ(ボソッ」

ま…まだハゲて…
ハゲてないからぁぁあああああ!!
うああああああぁああえええええええ(´;ω;`)

直己「あの…やっぱ国安やめてもいいですか…?(´д`)」


コヨミです…
コヨミ「ぶすぅ~…」


なんか最後の方まで出番なかったとです…
コヨミです…コヨミです…

りんこ「輪島のとっつぁん、職場復帰でぇ~す♪」
輪島「ヒャッハァァアアアア!!」
シュンペイ「おっかえりなさっぁあああああぁぁい」

パァーン

うわ、でっかいくす玉…そういやシュンペイ、ずっと作ってたわね。
あんたのそういうマメさにはほとほと感心するわ…
いやむしろ呆れる

シュンペイ「まままま、最後までハブラれなくてよかったじゃないですか」

あんたもよ(怒)ちっとは悩め…
シュンペイ「いやぁ~~次回は僕が話のメインなんでっぇぇ嬉しいなァァァ」
いや、きっとハリケーンドラゴ…う、ううん、よかったわね…

晴人「せっかくエンゲージしたのに木崎さんに取られちゃった(´・ω・`)あーあ」
コヨミ「元気出して晴人…」

m9(^Д^)9mざまぁwwwwwwwwwwww
この女ったらし…いや今回は男の子か。
これ以上家に人増やされてたまるもんですか!

晴人「ああ…可愛い男の子だったのに。ふいぃー…」

ちょっ!?
晴人さんそれって問題発言じゃなくってぇ???

りんこ「わぁ~コヨミちゃん白い服かわいい~~デレデレ」
コヨミ「そうかしら、ありがとう…褒めてくれて」

フフフフ思い知ったかしらオ・バ・サ・ン♪
今回も晴人を独占してたつもりでしょうけど、最後で一発逆転よ!!
しまむらで奮発してよかったわ…

りんこ「ううん♪最近コヨミちゃんと仲良くなれて、嬉しいなぁ…(ニッコリ」
コヨミ「(;´・ω・)…うっ…そそそうよね」

ち、ちょっと胸にチクってきたわ…
心の中とはいえ、おばさんなんて言ってごめんなさい。
と…歳のいったおねえさん!!

あっ、晴人…それは…
田中…いやえーと木崎さんから、輪島さんへと託された緑の宝石ね。

晴人「さてこの宝石から、次はどんな指輪ができるのか(ワクワク」

いやだからハリケーンド(ry

晴人「あ、そうそう、コヨミ…」

おっ?(*´д`*)
さあ晴人!!
私を!!
ほめたたえなさぁぁい!

晴人「とりあえずプレーンシュガー♪」

自分でとってこーい!!!(怒)

まぁ今回は頑張ったし…
はい山盛り。(ニッコリ

つづく!

次回、第12話「希望の和菓子」
ハリケーンドラゴン

仮面ライダーウィザード WAP! 01 仮面ライダーウィザード フレイムスタイル仮面ライダーウィザード WAP! 01 仮面ライダーウィザード フレイムスタイル
(2012/10/27)
バンダイ

商品詳細を見る

Life is SHOW TIME 初回盤 “戦Life is SHOW TIME 初回盤 “戦"
(2012/10/24)
鬼龍院翔fromゴールデンボンバー

商品詳細を見る


(0M0)言及リンク、サイコーーー!!
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-769.html
http://chikasitsu.blog59.fc2.com/blog-entry-850.html
http://blog5.catcat.boo.jp/?eid=1267#sequel
http://west97.blog94.fc2.com/blog-entry-1933.html
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/d30e3ec171748c8f447df18a20cc3d7a
http://blog.livedoor.jp/jerid_and_me/archives/52047327.html
http://blog.goo.ne.jp/nexusseed/e/b89ab5f3f306f9da9f888cb0b2ef418b
http://shibarakukodoku.blog46.fc2.com/blog-entry-1118.html
http://silverfang777.blog114.fc2.com/blog-entry-1346.html
http://ncc1701.jugem.jp/?eid=5986
http://necroakubi.blog94.fc2.com/blog-entry-3998.html
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダーウィザード
ジャンル:テレビ・ラジオ

タグ:仮面ライダーウィザード 仮面ライダー ニチアサ

コメント

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仮面ライダーウィザード 第11話「守り抜く約束」

仮面ライダーウィザードの第11話を見ました。 第11話 守り抜く約束 晴人を無視して直己を連れて行こうとする木崎の手を振り払った直己は木崎を非難するのだが、木崎はいつま

今日の仮面ライダーウィザード 第11話

「守り抜く約束」 木崎さんに不信感を持ったままの直己を木崎は連れて行こうとしますが、晴人がまだおしおきしていないからと割り込み、勝手に出かけた理由を尋ねます。 直己は

仮面ライダーウィザード 第11話 守り抜く約束

『守り抜く約束』 内容 輪島(小倉久寛)に指輪作りを命じる木崎(川野直輝) と同時にゲートである直己(桑代貴明)の保護を決める。 指輪が使えるのは魔法使いだけと輪島が諭して

仮面ライダーウィザード第11話

今週もロン(違ッw)とナオキの話、続き。 「どうしても父の死んだ場所を見ておきたかった」 そんなナオキを無理矢理連れ去る、 国家安全局0課の木崎ことロン(しつこい★) 「気...

仮面ライダーウィザード 第11話

仮面ライダーウィザード 第11話 「守り抜く約束」。木崎警視デレる(笑) 続きは読みたい方だけどうぞ。

仮面ライダーウィザード 第11話★ガーゴイルを超簡単に撃破!

仮面ライダーウィザード 第11話 守り抜く約束 国家安全局0課・木崎刑事(川野直輝)がグール集団に襲撃され、高校生・直己がピンチ。 そこに現れたウィザードはふわりと風に乗って...

仮面ライダーウィザード 第11話 感想

仮面ライダーウィザード 第11話 「守り抜く約束」 輪島の「指輪は魔法使いしか使えない」という言葉に「えっ?」と言った木崎・・・知らずに指輪欲しがってたんかい!調査不足過

~仮面ライダーウィザード 第11話「守り抜く約束」~

仮面ライダーウィザード 第11話「守り抜く約束」 フェニックスさんはもう帰りました

仮面ライダーウィザード 第11話「守り抜く約束」

仮面ライダーウィザード 第11話「守り抜く約束」 晴人は直己に、何故勝手に出かけたのかを尋ねる。父が死んだ場所を人目見ておきたかったという直己だが、木崎の部下に連れて行か
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。